調剤室の風景

 外来患者さま、ならびに入院患者さまの薬(内服薬、外用薬、注射薬)の調剤を行っています。専任薬剤師はパートを含めて約12名ですが、忙しい時間帯には他の部門の薬剤師全員が協力し、調剤時間(待ち時間)の短縮に努めています。
 また近年、調剤室はシステム化・機械化が進んでおり、全自動薬袋作成システム、散剤鑑査システム、注射薬ピッキング装置、自動搬送ロボットなどが導入されています。これにより大幅な省力化が図られ、薬剤師は以前にも増して薬の正しい使い方や、入院患者さまの処方チェックなどの鑑査業務 に集中することができるようになり、より安全な薬物治療の実施に貢献しています。


調剤室のメンバーです