看護師募集要項など、最新情報をメールでお届けします

先輩看護師の声

 

 

 

 

平成29年度 エルダーナース

東病棟2階  佐藤 百恵

富山大学医学部保健学科

 

入職して5年目になり、今回エルダーナースとして週1回各病棟をラウンドして新人看護師の体調面や精神面のサポートをしています。自分が新人の時のことを振り返ると、毎日不安と緊張で押し潰されそうになっていた時に先輩が優しく声をかけてくれて、いつでも相談に乗ってくれたことで、一人ではないと感じることができ辛い時も成長できる機会と捉え乗り越えることができました。今度は私が新人看護師から不安や悩みを打ち明けられるような存在になれるように、コミュニケ−ション方法を学び、思いを傾聴していきたいと思います。そして不安だけでなく、嬉しかったことやできることになったことを共有して、新人が看護のよろこびを感じられるようにサポートしていきたいと思います。

 

 

平成29年度 エルダーナース

西病棟9階  宮田 佳織

石川県立看護大学

 

平成29年度エルダーナースとして、週に1回各病棟の新人看護師のみなさんのラウンドをしています。私自身、新人看護師の頃にエルダーナースの方が生活や精神面を気遣って下さったり、嬉しい事や悲しい事を一緒に共有していただいた事がとても心の支えとなっていました。その為、今年度私もエルダーナースとして新人看護師の成長を見守り、サポートさせていただける事が大変嬉しいです。新人看護師のみなさんが笑顔でやりがいを感じながら働けるよう、現在あるリアリティショックを軽減し、困難を乗り越え成長していくことができるように関わっていきたいと思っています。また、私自身もエルダーナースの経験を通して新人看護師のみなさんと共に成長していきたいと思っています。

 

 

平成28年度 エルダーナース

西病棟5階  谷崎 望

金沢大学医学部保健学科

 

昨年度エルダーナースを経験し、半年間にわたり新人看護師と関わってきました。それぞれの新人看護師が、何かしらの悩みや不安を抱きながらも少しずつ成長していく姿を見ることが出来ました。各病棟でのプリセプターをはじめとする新人看護師のサポート体制に加え、エルダーナースは体調管理やメンタル面など、何でも気軽に相談できる先輩として新人看護師を支えていきます。
看護の場は、決して楽しいこと、嬉しいことばかりではなく、大変なことや非常に辛いことも多くあります。しかし、そのような中でも患者さんの人生の一場面に深く寄り添うことで、多くの学びや看護のやりがいを感じることが出来ると思います。

 

 

平成28年度 エルダーナース

東病棟9階  池田 英利

新潟大学医学部保健学科

 

昨年度エルダーナースとしてラウンドする際に、「看護師として頑張ってきてよかった」といえるような1年にしてほしいと思いながら接してきました。新人なのでできないことはもちろんありますが、それ以上にできるようになったことを数えあげながら前向きに関われるようにラウンドすると日を追う毎に頼もしく成長していく姿が印象的でした。新人看護師自身の中に課題を乗り越えていく力が必ずあるということを念頭に後輩指導に今後携わっていきたいです。