本文へジャンプ
 

院外処方について

本院では原則として、外来での処方をすべて『院外処方』とさせていただいています。

これは、医薬分業を積極的に進めている厚生省の『かかりつけ薬局制度』の方針によるものです。残念ながら、石川県の『院外処方せん』の割合が全国でも下位であり、医薬分業が非常に遅れています。
診察の際に受け取られた『院外処方せん』は、交付日を含め4日以内なら、全国の保険調剤薬局で調剤してもらえます。

『かかりつけ薬局』をお持ちになると、次のような利点があります。

  1. 行きつけの薬局だから、患者さんがお飲みになっている「お薬」の情報がすべてそろっています。薬剤師から親切でわかりやすい説明を受けることができます。
  2. あなたがお飲みになっている「お薬」の記録(薬歴簿)を作ります。この薬歴簿により、過去に副作用が現れた「お薬」のチェック、他の病院でもらわれた「お薬」や薬局で買われた「お薬」との飲みあわせのチェックをしてくれます。これは、「お薬」の副作用の発生を未然に防ぐために重要なことです。
  3. 『かかりつけ薬局』では、親切でわかりやすい説明を受けられるだけでなく、気軽に「お薬」についての相談をすることができます。ご相談の内容については、法律で「漏らさない」ことが義務(守秘義務)づけられていますのでご安心下さい。
  4. ご希望の方には、『かかりつけ薬局』からご自宅の方へ直接「お薬」をお届けすることもできます。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

金沢大学附属病院

ページの先頭へもどる