本文へジャンプ

放射線部

案内

放射線部
放射線部長
香田 渉

患者さんの診療に必要な画像情報を各検査室(X線撮影、CT、MRI、透視、血管造影、超音波)の最新装置より提供しています。また、治療は血管造影室の手技を利用した経カテーテル的治療(IVR)と高エネルギーX線および密封小線源を用いた放射線治療を行っています。

内容

X線撮影検査

最新の立、臥位フラットパネルディテクタ搭載撮影装置4システムを中心に、高画質で安定したX線画像を提供しています。また、乳房撮影にも、直接変換型のフラットパネルディテクタ撮影装置を使用し、高精細な画像を提供しています。

X線透視検査

最新の直接変換型の大視野フラットパネルディテクタ搭載透視撮影装置の高精細な画像で、透視撮影検査(胃腸撮影、腹部撮影、泌尿器造影、脊髄腔撮影等)を実施しています。

骨塩定量検査

X線ビームを用いて、主に腰椎や大腿骨頚部の測定を実施しています。

CT検査

2管球CT装置1台を含む64列マルチスライスCT装置が3台設置されており、短時間撮影で高精細、高画質な画像を提供しています。特に、2管球CT装置は高速撮影が可能であり、高心拍患者の冠動脈造影検査や小児など呼吸停止ができない患者撮影に対して有用です。

MRI検査

4台の高磁場MR装置(1.5T、3.0T各2台)が設置され、最新かつ高画質な画像を提供することができます。

血管造影検査

最新のIVR・CT付きの血管造影撮影装置を使用し、肝臓癌の診断と治療、脳動脈瘤の血管内治療IVR、血管ステント挿入術などを実施しています。

心血管撮影検査

最新の心血管撮影装置を使用し、治療効果の高い経皮的冠動脈形成術や不整脈の治療(アブレーション)を実施しています。

放射線治療

マルチリーフコリメータを装着することができる2台のリニアックで、精度よい外部照射を行っています。また、イリジウム-192、ヨード-125を用いた小線源治療を実施しています。

核医学検査

当部の技師が、アイソトープ部で担当しています。最新のSPECT、SPECT-CTが設置され、RI検査の充実を図っています。

超音波検査

4台の装置を内科、放射線科医を中心に他科と共同利用し、主に腹部、乳腺、頚部領域の検査を実施しています。

結石破砕治療

泌尿器科医師が、X線透視下で正確に尿管結石の破砕を実施しています。

特徴・特色

  • 最新の2管球CT装置、3.0T-MRI装置などを備え、高品質な画像診断を行っています。
  • 各種ステントグラフト留置術、悪性腫瘍に対する動注療法、脳動脈瘤のコイリング、不整脈に対するアブレーション療法など先進的なIVRを実施しています。
  • 精度の高い定位放射線治療などの外部照射、I-125による前立腺永久挿入治療、マイクロセレクトロンを用いた高線量率組織内照射を実施しています。
  • 高い専門性を身に付けた技師が、認定(検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師、日本磁気共鳴専門技術者、放射線治療専門技師、日本血管撮影インターベンション専門診療放射線技師等)を取得して、活躍しています。
  • 院内に画像ネットワークシステムを構築し、完全フイルムレス化と3D処理環境を提供しています。

ページの先頭へもどる