本文へジャンプ

リハビリテーション部

案内

リハビリテーション部
リハビリテーション部長
八幡徹太郎

当院のリハビリテーション部は、中央診療施設に属し、理学療法部門、作業療法部門、言語療法部門、精神科作業療法部門、およびリハビリテーション医師診療室より成り立っています。施設基準は疾患別リハビリテーション(I)として、脳血管疾患等リハビリテーション(I)運動器リハビリテーション(I)呼吸器リハビリテーション(I)心大血管疾患リハビリテーション(I)がんのリハビリテーションとして特定機能病院リハ医療全般を扱っております。

体制

  • 急性期ないし周術期リハビリテーションおよびベッドサイド訓練が行える医療体制
  • 臨床教育施設としての体制

役割

各科の入院目的は急性期治療ないし手術目的が大部分であり、入院期間が短期です。したがって、当部は次期のリハ医療(回復期リハ、地域リハ)により良い機能・能力でバトンタッチする役割。また、がん診療連携拠点病院の一員として以下の役割を担っております。

  • 不活発症候群の予防(ベッドサイド訓練と早期アプローチの充実)
  • 術前リハ(特に開胸・開腹手術、整形外科手術の症例)
  • 退院時リハ指導の充実(訪問家屋評価を含む)
  • 地域医療連携室との連携
  • 特殊疾患のリハ治療
  • 院内外におけるリハの啓発やリハ教育指導

特徴・特色

  • 急性期リハビリテーション
  • がん治療前後のリハビリテーション
  • スポーツ傷害に対する早期競技復帰へのアプローチ
  • 全身性強皮症患者に対するリハアプローチ
  • 糖尿病・肥満患者の内科教育入院中における有酸素レベルでの運動療法指導
  • 乳腺外科疾患のリハビリテーション
  • 心臓手術後早期からのリハビリテーション

ページの先頭へもどる