本文へジャンプ

輸血部

案内

輸血部
輸血部長
山﨑 宏人

補助療法の一環として出発した輸血部は今日、造血細胞移植療法を支える部署に発展しました。今後も安全な血液製剤を供給すると同時に、血液細胞を用いた遺伝子治療など、臨床側の要求に応えられる部署への発展を目指しています。

内容

検査

  • 血液型
  • 交差適合試験
  • 不規則抗体スクリーニング
  • 不規則抗体同定
  • 直接・間接クームス試験
  • Rh-Hr式血液型
  • その他の血液型(Lea、Leb ほか)
  • HLAタイピング
  • 造血器悪性腫瘍検査(FCM法)

特生物製造

  • 自己血採血
  • 末梢血幹細胞採取
  • 血小板採取
  • リンパ球採取
  • 臍帯血保存
  • 骨髄細胞処理

適正使用指導

  • 特生物(血液由来製剤)使用相談(赤血球、血小板、新鮮凍結血漿、アルブミン)
  • 輸血副作用調査
  • 輸血検体保管
  • 各病棟に設置している製剤保冷庫の管理
  • ABO不適合移植例の輸血サポート
  • 不規則抗体保有患者への抗体カードの発行

高度先進医療支援(技術協力)

  • 骨髄や血小板を用いた再生医療
  • ABO不適合移植例の抗体価測定
  • ABO不適合移植例の赤血球抗原定量検査(FCM法)
  • 抗D免疫グロブリン投与時の適合検査
  • 細胞治療に関する相談
  • 造血幹細胞移植後のキメリズム解析

教育研修研究

  • 保健学類・医学類学生、研修医、輸血認定医・認定技師受験者等への教育と実習
  • 保健学類学生の研究

特徴・特色

  • 治療用細胞製剤の採取・製造・保管・提供:院内の5診療科に対応。
  • 特生物(血液由来製剤)提供者管理・血液製剤適正使用相談:輸血部スタッフが専門的に対応。
  • 患者に優しい輸血・細胞治療:日々の取り組みに加え、多施設共同研究や基礎研究も推進。

ホームぺージ

ページの先頭へもどる