本文へジャンプ

周産母子センター

周産母子センター
周産母子センター長
谷内江 昭宏

産科部門

対象疾患

  • 産科救急:NICUスタッフ、麻酔科、助産師との連携により24時間体制で早産、常位胎盤早期剥離、胎児仮死、分娩後出血などの救急疾患の診断治療を行っています。
  • ハイリスク妊娠:多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、子宮頚管無力症、子宮内胎児発育遅延、切迫早産、前期破水、内科疾患合併妊娠など、集学的治療の必要な妊娠を扱っています。
  • 不妊症、不育症:卵管性不妊に対するFTカテーテルシステムによる治療、不育症に対する系統だった精査、抗リン脂質抗体症候群に対する診断、治療を集学的に行っています。
  • その他:子宮外妊娠、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮奇形に対する外科的治療。

検査・治療

  • 超音波断層法:胎児、胎児付属物を精査、各種パラメーターを測定、胎児well beingを評価しています。胎児奇形を対象とした精度の高い出生前診断も行っています。
  • 胎児心拍陣痛図:胎児well beingの評価には欠かせないものであり、妊娠中期以降、或は分娩進行中の妊婦さんに使用しています。
  • MRI:胎児奇形に対する精査、卵巣腫瘍合併妊娠に対する質的判断などに施行しています。
  • 塞栓術:分娩後出血、外陰部血腫など出血源不明の緊急症例に対し、子宮摘出、内腸骨動脈結紮術前の止血のためのオプションとして塞栓術を用意しています。
  • その他、子宮外妊娠に対する腹腔鏡下手術、不妊症治療目的の腹腔鏡補助下筋腫核出術、子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術、卵管性不妊に対する卵管鏡下卵管形成術、子宮奇形に対する外科的治療などを行っています。

新生児部門

対象疾患

  • 低出生体重児:極低出生体重児・超低出生体重児を含む
  • 呼吸障害:呼吸窮迫症候群など
  • 先天異常:染色体異常、先天性心疾患、中枢神経奇形など
  • その他

検査・治療

  • 24時間体制でリスクの高い赤ちゃんをケアできるように、非侵襲的なモニタリングシステム(心電図、酸素飽和度モニタリングなど)を駆使して管理しています。
  • 超音波断層法、X線撮影、消化管造影、脳波モニタリング、CT、MRI、核医学検査、AABR(聴力検査)、タンデムマス検査(先天性代謝異常の検査)などの各種診断法を用い、赤ちゃんの状態や合併症、予後の評価を行います。
  • 人工呼吸管理:最新の呼吸器(VN500:ドレーゲル社)を使用しています。新しい換気法の導入により、さらなる呼吸状態の安定化が期待できます。また、SiPAP(マスク/プロング型の非侵襲的人工呼吸療法)を導入し、より早期の抜管を目指すことが可能となりました。
  • 母乳育児支援:ハイリスクの新生児にとっては、正期産児と同様、あるいはそれ以上に母乳栄養の重要性が指摘されています。国際認定ラクテーションコンサルタント等と共に母乳育児の支援を行っていきます。
  • 遺伝相談:先天異常に関する相談、染色体/遺伝子検査、再発率の推定など、遺伝専門医が支援を行います。産科、神経遺伝外来、循環器外来等でチーム医療を行い、継続したフォローアップを行います。

新生児外科部門

○胎児期からの積極的な関わり

胎児期に診断された呼吸器奇形・消化管奇形・尿路異常などの治療に積極的に関わっています。
具体的には、産科医・新生児科医とともに胎児の病態について充分な検討を行い、母体搬送、計画分娩、娩出後の治療方針などを適切に判断しています。

対象疾患

  • 胎児期に診断される新生児外科・新生児泌尿器外科疾患
  • 消化器系疾患:食道閉鎖症・十二指腸小腸閉鎖症・ヒルシュスプルング症・鎖肛・臍帯ヘルニア・腹壁破裂、胆道閉鎖症など
  • 呼吸器外科疾患:肺嚢胞性疾患・横隔膜ヘルニアなど
  • 泌尿生殖器外科疾患:水賢水尿管症・嚢胞性腎疾患・尿道下裂・卵巣嚢腫など
  • 腫瘍性疾患:頚部リンパ管腫・血管腫・仙尾部奇形腫など

検査・治療

  • 新生児期に行われる主な検査:超音波断層法、胸腹部XP、上部消化管造影・24時間PHモニター、注腸肛門内圧検査、胸腹部CT、IVP、腹部MRI、腎スキャン・レノグラム、膀胱尿道鏡検査など
  • 新生児期の治療:上記先天性疾患の根治手術、鏡視下手術など
  • 新生児外科疾患には排尿や排便などに関わる疾患も多く、手術の根治性も大事ですが、患児が将来社会生活を送る上で、機能的に適応(QOL)できることがもっとも重要だと考えて治療にあたっています。

ページの先頭へもどる