本文へジャンプ

救急部

案内

救急部
救急部長
後藤 由和

石川県の高次救命救急医療機関、いわゆる「最後の砦」としての機能を果たすべく、一般の医療機関では対応が困難な重症急性期疾患や緊急処理・治療を要する救急患者を24時間体制で受け入れています。心肺停止、多発外傷、中毒、循環器救急疾患、脳血管障害、急性腹症等の様々な領域の救急患者が救急車搬送により来院しています。重症患者に対する円滑な初期治療のために、広い治療スペースと豊富な最新型の医療機材を確保し、緊急検査部門・画像診断部門とも連結した構造になっています。また、手術部・集中治療部へは専用エレベーターにより直行でき、迅速かつ安全な最新治療が提供できるように各診療科と常に密な連携をとりながら診療を行っております。

特徴・特色

  • 日本救急医学会指導医施設に認定されています。
  • 救命救急士の研修施設として、年間を通じて多くの救命救急士が研修しています。
  • 救命救急士の特定行為(器具を用いた気道確保・静脈路確保・アドレナリンの投与)に対する指示・助言・指導も24時間体制で行っています。
  • 心肺蘇生に対する補助循環法を用いた高度救命治療や緊急血液浄化療法、脳低体温療法、緊急冠動脈形成術、脳血管血栓溶解療法などの高度救命救急処置ならびに緊急手術にも各部門との緊密な連携の下に対応しています。
  • 大規模災害に対する緊急医療支援チーム(DMAT)の派遣病院であり、災害医療にも積極的に関わっています。
  • 救命処置法などの技能普及のために定期的に講習会を開催しております。

ページの先頭へもどる