本文へジャンプ

高密度無菌治療部

案内

高密度無菌治療部
高密度無菌治療部長
中尾 眞二

高密度無菌治療部は、造血幹細胞移植の前処置である化学療法、放射線療法により高度の好中球減少状態となり、重症感染症発症の危険性が高い患者に対して無菌室療法を施行するために、1984年4月に新設された中央診療部門です。無菌治療室は、当初第三内科の治療室として国立大学では初めて1977年3月に設置されました。これが新設の当部に移管され、1987年、1994年に改修されました。現在は、2001年の新病棟開設に伴い、極めて精度の高い無菌治療棟が東3階に設置され、造血幹細胞移植を中心とした治療を行っています。

内容

高密度無菌治療部は、これまで年間20数例の造血幹細胞移植後の無菌室治療を担当することにより、各診療科のがん治療に貢献してきました。また、脳外科、第三内科と協力して脳腫瘍患者や悪性リンパ腫患者、白血病患者に対して樹状細胞療法を行い、一部の例に効果を認めています。さらに、泌尿器科との協力により腎細胞癌患者に緩和的前処置造血幹細胞移植を施行してきました。これらの治療はさまざまな診療科のがん治療に応用できるため、今後も診療範囲が拡大するものと考えられます。
今後、従来行ってきた無菌室治療に加えて、患者由来のリンパ球や樹状細胞を用いた細胞療法、臍帯血移植、免疫学的な抗腫瘍効果を期待した緩和的前処置造血幹細胞移植、がん治療に伴う血液凝固異常の治療などを推進していく予定です。

特徴・特色

先端医療の開発

  • 治療抵抗性血液腫瘍および固形腫瘍に対する骨髄非破壊的同種臍帯血移植法の開発
  • 微小循環障害・血管内皮障害の病態解明と対策

ページの先頭へもどる