本文へジャンプ

集中治療部

案内

集中治療部
集中治療部長
谷口 巧

救急部や冠動脈疾患治療部と協力して診療を行っています。院内のみならず、院外からの急性期重症患者をはば広く受け入れています。各科専門医と協力して専任スタッフが診療を担当いたします。

特徴・特色

  • 救急搬送された重症患者および大手術後などの院内重症患者が入室します。集中治療室では、スタッフが24時間体制で担当診療科医師と連携して、呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全が改善し、一般病棟で管理が可能になるまで強力かつ集中的に治療を行います。
  • 集中治療室のベッドは22床あり、全ベッドには高度な循環器代謝モニターが装備され、24時間綿密に管理しています。また、人工呼吸、急性血液浄化(血液透析、持続的血液ろ過透析、血漿交換、血液吸着など)、機械的循環補助(経皮的体外循環、大動脈バルーンパンピングなど)といった高度な生命補助装置を駆使して、患者の状態の安定化を図っています。
  • 本部門は、日本集中治療医学会の専門医認定施設であり、最新の知識、技術を習得できる数少ない研修施設の一つです。現在、様々な職種の研修生を受け入れています。

ホームぺージ

ページの先頭へもどる