本文へジャンプ

血液浄化療法部

案内

血液浄化療法部
血液浄化療法部長
古市 賢吾

1967年院内措置の中央診療施設である透析センターとして発足し、1990年金沢大学医学部附属病院血液浄化療法部として予算措置化されました。
血液浄化療法部は日本透析医学会および日本アフェレシス学会の認定施設であり、各診療科からの依頼を受けて年間約4000件の血液浄化療法を施行しております。スタッフは日本腎臓学会、日本透析学会あるいは日本アフェレシス学会の専門医です。
院内各診療科並びに関係部署と連携し、専門性の高い安全な診療を行うように日々努めております。

内容

  • 慢性腎不全、急性腎不全に対して病態に応じて、血液透析、血液濾過、血液濾過透析、持続血液濾過あるいは持続血液濾過透析を施行しております。
  • 腹膜透析の導入、維持管理も可能です。
  • 肝不全、免疫関連疾患(重症筋無力症、ギランバレー症候群、ABO不適合移植術前処置など)
    あるいはC型慢性肝炎に対する膜濾過法によるアフェレシス療法(血漿交換、二重膜濾過法)を施行しております。
  • 種々の疾患に体する吸着法によるアフェレシス療法も施行しております。
    • リンパ球除去療法(関節リウマチ、炎症性腸疾患など)
    • 顆粒球除去療法(炎症性腸疾患など)
    • LDL吸着療法(家族性高コレステロール血症、ネフローゼ症候群など)
    • そのほか、エンドトキシン吸着、β2ミクログロブリン吸着など
  • 透析の技術を用いた腹水濃縮再注入のための濃縮も行っております。

特徴・特色

  • 平成25年度は述べ4018件の血液浄化療法を施行しました。各治療法の比率を見ると血液(濾過)透析(慢性、急性を含む)が90.2%、血漿吸着が4.8%、GCAP・LCAP二重膜濾過などが2.7%と、アフェレシス療法の割合が比較的高いのが特徴です。
  • 維持血液透析症例においても多施設から心臓バイパス手術や移植手術など専門性の高い治療ならびに特殊検査などで当院に転院される場合も多く、各診療科との綿密な連携により透析管理を行っております。
  • 透析療法従事者職員研修を毎年開催し、多医療施設から積極的にスタッフを受け入れ、実習を行っております。

ページの先頭へもどる