本文へジャンプ

冠動脈疾患治療部

案内

冠動脈疾患治療部
冠動脈疾患治療部長
山岸 正和

急性心筋梗塞や不安定狭心症など、急性冠症候群の範疇に入る患者さんは迅速な急性期治療と、その後の十分なモニタリングを必要とします。365日24時間、循環器専門医に連絡が取れるよう、専門の院内PHSを携行しています。緊急の冠動脈造影検査が必要な場合には、ただちに十分なスタッフが召集され、放射線部の協力も得て迅速に高度な医療を提供できるように体制を整えております。緊急冠動脈血行再建術には、集中治療部(ICU)のうち2病床を冠疾患治療部(CCU)の病床として稼動させて頂き、急性期の治療継続、モニタリングを行います。
治療内容に関しても、通常の経皮的冠動脈形成術(バルーン拡張術、ステント植え込み術)だけでなく、高速回転式アテレクトミー(ロータブレーター)や先進医療であるエキシマレーザーアテレクトミ−の使用経験を重ね、三次救急病院として、さらには高度先進医療施設として必要不可欠な技術をもって治療を行っています。すなわち、左冠動脈主幹部病変や慢性完全閉塞病変、多枝複雑病変を有する患者さんであっても、全身状態や要望に応じて適切な治療を提供して参ります。
今後も大学病院として医療レベルの維持はもちろんのこと、さらに質の高い冠動脈疾患治療を提供していくため、循環器内科医はもちろん、放射線部、集中治療部のスタッフ全員が一致団結して治療に当たって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

ページの先頭へもどる