本文へジャンプ

先端医療開発センター

案内

臨床試験管理センター
先端医療開発センター長
村山 敏典

先端医療開発センター(Innovative Clinical Research Center, Kanazawa University(iCREK))は、当院の基本方針の一つである「臨床医学発展のための研究開発」を推進するために、(旧)臨床試験管理センターを改組し2013年に設置されました。質が高く適正な臨床研究を支援するために2015年には9部門・1事務局に組織を拡充してそれぞれに専門家を配置し、新規医療技術のプロジェクトマネジメント、臨床試験のスタディマネジメント、試験デザイン立案支援、プロトコル作成支援、試験薬管理と臨床研究コーディネート、登録・データ管理、統計解析、モニタリングと監査、知的財産管理、細胞調整、研究者の教育などを行う体制を整備しました。2017年には、さらにがん研究推進部門を新設し、がん進展制御研究所と連携した基礎シーズの臨床応用を目指します。

ホームぺージ

ページの先頭へもどる