本文へジャンプ

医療安全管理部

案内

消化器内科
医療安全管理部長
谷内江昭宏

医療安全管理部は、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、職員の安全意識の向上と患者さまの安全確保を目標に活動しています。各部署・部門のリスクマネジャーや事務部門とともに、患者さんにも職員にも安全な医療環境の実現を目指しています。

リスクマネジャー

各診療科の病棟医長・外来医長等及び各病棟の看護師長等は、医療安全管理部と密接に連携を取りながら、部署のリスクマネジャーとして各々の現場での安全管理を担っています。

インシデント・レポート報告

インシデントは「思いがけない出来事」あるいは「偶発事象」とも呼ばれ、インシデントの段階で適切な予防策を考えないと、医療事故につながる可能性があります。当院では、医療事故と明確には判断できない事象、あるいは医療事故であるのか判断が困難な事象についても、すべてインシデント・レポートとして報告する制度があります。イ ンシデント・レポートを収集・分析して潜在的な危険を発見し、医療事故を未然に防止するよう努めています。

医療安全管理カンファレンス

医療安全管理部のメンバーによるカンファレンスを週1回実施し、医療安全への取組の評価等を行っています。

RMNewsletter

本院におけるリスクマネジメント対策の一環として、年数回発行しています。「インシデント・レポート」報告制度により収集したインシデントを分析し、院内スタッフ全員に再発防止に向けたメッセージを掲載しています。

医療安全のための職員の教育・研修

全職員を対象とした講演会、セミナー、シンポジウム等を年数回開催し、医療安全に対する意識の啓発を行っています。また、新規採用者についてもオリエンテーションを行い、医療安全のための教育活動を行っています。

ページの先頭へもどる