本文へジャンプ

感染制御部

案内

感染対策室
感染制御部長
和田 泰三

院内感染予防対策の第一は、感染を防止するための易感染局所の清潔保持と感染経路の遮断であり、第二は抗菌薬の適正使用による感染症の早期治癒と耐性菌の出現防止です。院内感染防止に関する諸問題や対策を話し合う感染対策会議として、院内感染対策委員会が月一回、院内感染対策チ−ム(ICT)会議が月二回開催されています。私たちの主な活動内容は以下のようなものです。

 

医療従事者への教育・啓発

感染予防の基本は、手洗いの励行と、状況に応じて手袋、ガウン、マスクなどを着用するいわゆる標準予防策と感染経路別予防策の遵守であることを、講習会や講演会を通じて職員に教育・指導しています。また、隔月ごとに感染対策ニュ−スを各部署に配布するとともに、院内業務支援HPに掲載しています。

サーベイランスの実施

MRSA、多剤耐性緑膿菌あるいは基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌が分離された症例を病棟別に毎週集計し、各部署にメ−ルで配信しています。また、抗菌薬の長期使用例とアウトブレイクの有無をチェックし、必要に応じて現場に介入しています。厚生労働省の院内感染対策サーベイランス事業等のサーベイランスに参加し、院内外のベンチマークの把握と状況分析につとめています。

アウトブレイク対応

同一病棟で同じ薬剤感受性パターンのMRSAが3名以上の患者さんから分離された場合にアウトブレイクを疑い、分離菌のDNA型別と毒素産生性を調べます。これらの性状が一致した場合にアウトブレイクと判定し、該当部署を視察して、医師や看護師と感染源および伝播経路について協議するとともに、必要な微生物検査を行っています。

ラウンド

医療現場での感染対策の周知徹底と適正な抗菌薬使用の推進を目的として毎週ラウンドを行っています。また、感染予防対策オーデット活用し、実践を評価しています。

針刺し・血液体液曝露防止対策

肝炎ウイルスなどの陽性血液による針刺し血液体液などの曝露発生について原因と対応策について迅速に対応しています。

ワクチン接種

職員を対象にインフルエンザワクチンやB型肝炎ウイルスワクチンを接種しています。4種(麻疹・風疹・流行性耳下腺炎・水痘)ワクチンについては免疫獲得の確認と接種を計画的に実施しています。

院内感染対策マニュアルの作成

平成13年に第1版を発行し、平成27年4月には第6版を発行と周知を行いました。感染防止対策について分かりやすく掲載しています。

血液培養陽性菌の迅速同定

上述のDNA型別の手法を血液培養陽性ボトルに応用し、約1時間で原因菌の同定が可能になっています。

地域への感染対策支援

県下の様々な支援事業を通して、医療機関相互のネットワークを構築し地域の感染対策支援を行っています。また、相談窓口を開設し随時対応できるようになっています。

ページの先頭へもどる