本文へジャンプ

ME機器管理センター

案内

ME機器管理センター
ME機器管理センター長
竹村 博文

当センターは2006年に設立し、臨床工学技士による医療機器の中央管理、各診療部署に対する技術支援やスタッフ教育を行っています。臨床業務にも積極的に関与し、業務拡大に努めつつ、高度化する医療に対応しています。また、医療機器を安全に使用するため、院内医療機器研修などを医療安全管理部と合同で行い、院内教育を定期的に行うことで、安全性向上に努めています。

ME機器中央管理業務

医療機器管理では、購入・保守・修理・廃棄まで医療機器を総合的に管理し、年々管理機器の増大を行っています。

心臓血管外科手術業務

虚血性心疾患・弁膜症疾患・大動脈疾患などの多彩な症例に対し、体外循環・術中術後自己血回収術を行っています。

心カテーテル・不整脈治療業務

虚血性心疾患に対して行うPCIの際、ローターブレーター・エキシマレーザー装置などを操作します。不整脈治療としては、徐脈・頻脈治療に行う植え込みデバイスの設定。頻脈治療でのアブレーションの際、ポリグラフ・スティミュレーター・アブレーター・マッピングシステムなどの操作を行います。

植え込みデバイス外来業務

植え込みデバイスの状態確認や、遠隔モニタリングシステムの運用などを行っています。

補助循環装置操作業務

救急・ICU領域での緊急補助循環業務に対し、大動脈バルーンポンプや経皮的心肺補助装置の操作、管理を行っています。

手術部業務

手術時に各診療科で使用するME機器や腹腔鏡・胸腔鏡など内視鏡手術で使用する機器の保守・点検・セッテングや、その他トラブルに対応しています。

麻酔部業務

麻酔導入時や医療機器の操作時などに麻酔科医のサポートを行っています。臨床工学技士が高度化する最新医療機器の取り扱いやメンテナンスなどに関わることで麻酔科領域での安全性や質の向上に努めています。

血液浄化業務

透析、血漿交換療法、血液吸着法等を行う際の血液浄化装置の操作・保守点検を行っています。

光学医療診療業務

内視鏡による検査・治療を行う機器の保守点検および診療補助を行っています。

呼吸療法支援業務

人工呼吸器等を使用した呼吸療法を行っている際に、臨床工学技士が関わることで、安全性や質の向上を目指しています。

体外循環症例データベース事業への参加について

体外循環症例データベース事業への参加について(患者様およびご家族の皆様へ)

ページの先頭へもどる