本文へジャンプ

北陸ハートセンター

案内

北陸ハートセンター
北陸ハートセンター長
山岸 正和

基本的に内科外科の垣根を越え、総合的に循環器疾患の治療を行っています。そのため毎月合同でカンファレンスを行い、患者の紹介や情報の交換、また各分野での最先端知識や技術を紹介し、お互いの啓蒙に努めています。下記に各分野での実際の診療内容を紹介します。

循環器内科

心血管インタ−ベンション治療

狭心症・心筋梗塞など、冠状動脈の狭窄による疾患に対しては、基本的に橈骨動脈アプローチでカテーテル検査およびインターベンション治療を行っており、最短1泊入院での検査・治療が可能です。当院では緊急例を含めて、年間200例を超えるインターベンション治療を行い、安定した成績を得ています。さらに、最新の薬剤溶出型ステントも積極的に取り入れ、緊急例には365 日24時間体制で対応しています。
また、今までは治療が困難であった腎機能低下例に対しても、腎臓内科・血液浄化部との連携により腎保護を行いながら検査・治療を行って透析への移行を回避しています。また病院到着時生存例はもちろんのこと、院外心肺停止例に対しても救急隊、救急部・集中治療部と連携をとり、低体温療法を含めた高度救命処置を行って生存退院させた実績を多数有しています。

不整脈に対するアブレ−ション治療

頻脈性不整脈に対しては、抗不整脈薬による薬物治療は当然のことながら、若年例、薬物治療抵抗例あるいは抗不整脈薬に対する副作用がある患者さんに、非薬物療法のひとつであるカテーテルアブレーション(経皮的心筋焼灼術)を積極的に行っています。昨年は年間約100件の治療を行い、発作性上室性頻拍から心房細動まで高い成功率を収めています。この治療にあたって、CARTO-MERGEやEnSiteなど3Dマッピングという心臓の電気興奮を可視化する機器を使用しています。
またカテーテルアブレーションが不適切あればICDを、徐脈性不整脈にはペースメーカーを、また最近では重症心不全治療のためにCRT(心臓再同期療法、両心室ペ−シング)あるいはCRT-Dの植え込みも行っています。しかし後者の治療は全例が有効ではないため、あらかじめ2Dストレインなどを用いた心エコー図検査を行い、適応症例を決定しています。
また原因不明の失神に対して侵襲的な心臓電気生理検査を行う一方、あまり他院で行われていないhead-up tiltテストなど非侵襲的な検査を行い、失神の原因を総合的に判断しています。

循環器疾患の遺伝子診断

現在多くの心疾患の病因およびその病態推移に遺伝子が関与していることが明らかになっています。当院では、突然死の原因となりうる肥大型心筋症や拡張型心筋症、不整脈死を引き起こすQT延長症候群、動脈硬化性疾患の最大の危険因子である家族高コレステロール血症を中心に、積極的に遺伝子診断を行っています。多くの先生から症例をご紹介頂き、現在までに500以上の心筋症家系、150以上のQT延長症候群家2000以上の家族系高コレステロール症例を把握し、世界でも有数のセンターとなっています。最近では、不整脈源性右室心筋症や家族性の先天性心疾患、心房心筋症、伝導障害などの遺伝子診断も開始しています。

心臓血管外科

狭心症・心筋梗塞に対する外科治療

まず冠動脈バイパス術ですが、最近は虚血性心疾患における内科的治療適応が拡大し、外科サイドでは重症例(脳血管障害、上行大動脈石灰化、高齢、悪性腫瘍合併、末梢動脈硬化、呼吸不全)の手術が増加しています。当科ではOff-pump CABGを標準術式として手術を行っており、最近の stabilizer や cardiac positioning device の発達により、このような重症例に対しても安全で確実な完全血行再建が可能となっています。Off-pump CABG における当科の手術総数は2000例、手術死亡は現在0.3%で世界最良の成績です。

弁膜症

弁膜症では、特に非リウマチ性僧房弁閉鎖不全症に関し、最近ほぼ全例で弁形成を行っています。弁置換と異なりワーファリンが不要で、さらに長期予後も置換に比べ優れています。さらに大動脈弁閉鎖不全症に対しても弁温存手術を行っております。また弁膜症に付随した不整脈手術(肺動脈隔離、MAZE手術)も積極的に行っており、現在まで安定した成績を得ています。

大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術

大動脈瘤は胸部・胸腹部・腹部に分類されます。以前は、「破裂による突然死」によって発見されることも少なくありませんでしたが、近年はCTの普及により多くの動脈瘤患者さんが破裂の前に診断されています。この大動脈瘤に対する基本的な治療は「瘤を切り取り、人工血管で置き換える」という外科治療でした。しかし、人工血管置換術は、特に胸部では手術侵襲が大きいことが問題点の一つでした。これに対し、1990年代の初頭より欧米を中心に大動脈瘤に対する新しい治療法として、ステントグラフト治療(内挿術)が臨床応用されるようになりました。当科では1997年より、放射線科と共同でM-Kステントグラフト(当院放射線科が独自に開発、金沢大学医の倫理委員会承認)に加え、厚生省の認可したデバイスを用い、従来の人工血管置換術が困難と考えられた患者さん中心に、現在まで約800人の患者さんにステントグラフト留置術を行っています。2004年からは、緊急例・破裂例にも24時間対応できるようなシステムを構築しています。

肺動脈血栓塞栓症・深部静脈血栓症

深部静脈血栓症は、トラベラーズ(エコノミークラス)症候群として最近注目を浴びている疾患です。足の太い静脈に血栓(血のかたまり)ができるこの疾患は、時に肺塞栓から死に至る危険な状態となります。急な足のむくみ・腫れだけではなく、ゆっくりとした変化の場合や、少し症状が改善した場合でも大量の血栓が認められる場合があります。当センターでは、超音波検査・CT・核医学検査といった的確な検査の施行、さらに血液内科や循環器内科との完全な共同診療・治療で疾患の原因・治療までを迅速に行っています。

ページの先頭へもどる