本文へジャンプ

心臓血管外科

診療科案内

心臓血管外科
診療科長
竹村 博文

日本人の死亡原因第2位の心臓血管疾患、心臓血管外科はその治療法の最後の砦として日々診療に取り組んでいます。日本人の高齢化に伴い、手術対象の患者さんも高齢化、重症化してきています。人工心肺を用いないオフポンプ冠動脈バイパス手術、人工弁を用いない弁形成術、開胸や開腹を行わない動脈瘤手術(ステントグラフト内挿術)、胸骨を温存するMICS(低侵襲心臓手術)など、低侵襲手術(からだにやさしい手術)を積極的に行っています。

外来担当者と専門分野

初診
再診
午前 再診担当医師
(手術日につき不定)
竹村博文
(心臓血管)
再診担当医師
(手術日につき不定)
竹村博文
(心臓血管)
再診担当医師
(手術日につき不定)
飯野賢治
(心臓血管)
飯野賢治
(心臓血管)
木村圭一
(心臓血管)
木村圭一
(心臓血管)
加藤寛城
(心臓血管)
加藤寛城
(心臓血管)
山本宜孝
(心臓血管)
山本宜孝
(心臓血管)
鷹合真太郎
(心臓血管)
鷹合真太郎
(心臓血管)
新谷佳子 新谷佳子
西田洋児 西田洋児
野 宏成 野 宏成
上田秀保 上田秀保

(平成28年4月現在)

 

診療科一覧へもどる

診療科の特徴・特色

  • 患者さんにやさしい心臓手術
    従来心臓手術は恐ろしい手術、命を落とすかもしれない手術と一般には思われていましたが、ここ十年来、心臓手術の成績は目をみはる向上を遂げてきました。そのひとつの要因が患者さまにとってやさしい手術になってきたことがあげられます。
  • 冠動脈バイパス手術
    従来人工心肺を用いて、必ず心臓を停止して冠動脈バイパス術は行われてきました。2000年を境に本邦ではオフポンプ手術が広く行われるようになってきました。当院ではそれ以前よりオフポンプ冠動脈バイパス手術を手掛けております。手術の質、安全性を低下させずに高品質の手術を行っています。また循環器内科とのハートチーム(北陸ハートセンター)による合同の検討会により、カテーテル治療と冠動脈バイパス術の適応を的確に見極めて治療を行っています。
  • 弁膜症手術
    僧帽弁閉鎖不全症には高い確率で、人工弁を用いない、弁形成術を行っています。僧帽弁に関しては人工弁置換術より弁形成術が長期成績も良好と証明されており、積極的に形成術を第一に考えています。また、非常に心機能が低下している弁膜症に関しては、さまざまな工夫で、人工心肺は用いながら心拍動下での手術も可能となってきました。僧帽弁、大動脈弁に対しても適応を選びながら行っており、良好な成績を収めています。
  • 弓部大動脈瘤
    従来成績が芳しくなかった弓部大動脈手術もこの十年で格段に成績が向上しました。人工血管の質が向上したことも要因の一つです。また脳をいかに守るか、いかに出血を少なくするかなどの問題点をすべて改善することにより、良好な成績をあげています。
  • 大動脈瘤・大動脈解離に対するステントグラフト内挿術
    従来大きな開胸や開腹が必要だった動脈瘤の手術が、ステントグラフト内挿術の導入により様変わりしました。鼠径部の小切開創からステントグラフト挿入し、胸部や腹部の大動脈瘤を内側からカバーすることで大動脈瘤の治療が可能になりました。入院期間も短く、出血もほとんどない手術になりました。
  • 下肢動脈血行再建術
    閉塞性動脈硬化症は緩徐に進行する疾患でありますが、適切な時期に適切な治療を行うことが必要です。自家静脈や人工血管を用いたバイパス術や、PTAバルーンやステントを用いた血管内治療、そして重要なのは薬物療法などの組み合わせをどう行うのかの判断です。当科では専門医が適切な治療法を行っています。

診療科からのお知らせ

  • 外来診療は、原則として午前のみです。
  • 再来診療は、外来担当の全員で行っています。

  076-265-2000(内線 2902)

診療科一覧へもどる

ページの先頭へもどる