本文へジャンプ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

診療科案内

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
診療科長
吉崎 智一

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は顔面頭蓋と頸部の主要臓器の診療を担当しています。我々の守備範囲は「息をする」・「食べる」といった生物が生きるために必須の領域と「音色」「香り」「味わい」といった生活を楽しくする感覚、さらには、「聞く」「話す」「歌う」「表情に出す」といったコミュニケーション能力、などの人間らしく生きるために必要な領域です。そのために、生まれたての赤ちゃんから後期高齢者の方々まで、まさしく老若男女を問わず、内科的外科的両方の側面から疾患に対してアプローチします。そして、疾患の根治だけではなく、QOLの維持に、向上を目指した診療を行っています。

外来担当者と専門分野

初診
再診
専門外来
午前
耳外来 頭頸部外来 頭頸部外来 頭頸部外来 頭頸部外来
杉本寿史 脇坂尚宏 脇坂尚宏 吉崎智一 吉崎智一
石川和也 耳外来 近藤 悟 近藤 悟
波多野都 喉頭外来 杉本寿史 遠藤一平 中西庸介
中西庸介 波多野都   石川和也
鼻外来 鼻外来 人工内耳外来 鼻外来 鼻外来
中西清香 上野貴雄 杉本寿史 上野貴雄 中西清香
永井理紗ST
外来担当 遠藤一平 田守亜希子 青木蓉子 青木蓉子 清島典子
小川真智子 清島典子 笠原善弥 笠原善弥 青木由宇
野田昌生   青木由宇 小川真智子 加瀬希奈
    加瀬希奈 野田昌生  
(手術日)   (手術日)    

※ 月・水の午前担当医は手術日につき交代制で不定です。

 

(平成29年10月現在)


診療科一覧へもどる

診療科の特徴・特色

  • 耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、顔面、頭蓋底、唾液腺、甲状腺、頸部の疾患に対して各エキスパートによる高度な診療を行っています。
  • 毎朝行われる症例検討会
    治療方針は毎朝の症例検討会で決定されます。
  • 聴覚機能の回復
    高度難聴に対する人工内耳埋め込み術、慢性中耳炎に対する鼓室形成術など、聴力の回復を目指した手術を行っています。
  • 嗅覚機能の回復
    嗅覚機能のより精密な評価を行った上で、鼻副鼻腔炎による嗅覚障害に対しては嗅覚改善を目指した内視鏡手術を行い、神経性嗅覚障害に対しては漢方治療を行っています。
  • 手術の安全度向上
    危険度の高い鼻副鼻腔、頭蓋底手術にナビゲーションシステムを用いて安全な手術を行います。
  • 日帰り手術
    アレルギー性鼻炎、鼻骨骨折、穿孔性中耳炎、滲出性中耳炎に対しては日帰り手術を行っています。
  • 機能温存を目指した頭頸部がん治療
    頭頸部がん治療による、嚥下、発声などの機能低下や容貌の変化を防止するため、超選択的動注化学療法併用放射線治療を取り入れるとともに、手術においても外からではなく内視鏡や顕微鏡を駆使した、先進的な機能温存手術を心がけています。
  • 高度聴覚障害児に対する言語療法
    聴覚障害児の早期発見を目指すとともに、言語療育を行っています。
  • 音声・嚥下機能の評価と治療
    音声機能検査、嚥下機能検査を行うとともに、音声改善のための喉頭形成術、嚥下機能回復のための手術を行っています。
  • 音声機能を重視した甲状腺がん治療
    声を出すのに必要な反回神経をいっしょに切除する必要がある場合や、気管に息をする穴をあけておく必要があるような甲状腺がんに対しても、会話ができる手術を心がけています。

診療科からのお知らせ

  • 初診の患者さんは原則的に紹介状をご用意ください。
  • 再診は原則的に予約となっております。
  • 言語外来受診の方は、月曜午前の耳専門外来に紹介状をご持参の上、受診してください。

  076-265-2000(内線 2907)

診療科一覧へもどる

ページの先頭へもどる