本文へジャンプ

看護部

案内

看護部
看護部長
小藤 幹恵

地域に開かれたバリアフリーホスピタルの実現と、チーム医療を基盤にしたホスピタリティあふれる看護の実現を目指しています。

看護部の理念

  • 大学病院として、患者さんを尊重した質の高い看護を提供する。
  • 看護の質向上のために学習する。
  • ホスピタリティを探求する。

特徴・特色

特定機能病院、都道府県がん診療連携拠点病院として高度先進医療の遂行における質の高い看護の提供

  • 緩和ケアセンターが開設され、「がん看護専門看護師」「がん性疼痛認定看護師」の専門性の高い看護師が各部署の看護師と情報共有し、活躍しています。また、がん治療を安全でより快適に受けることができるように、ご家族を含めた看護支援についても「がん化学療法看護認定看護師」が活躍しています。
  • 肝臓疾患の患者さんが快適な日常生活を送れるように、専門的な看護師が丁寧な指導を行っています。
  • 骨髄移植や造血幹細胞移植後のフォローアップで、生活や療養への看護を実践し、臓器移植等については院内コーディネーターが活躍しております。
  • 第三次医療機関として、ICU、CCU、NICU、救急部での救命・救急ならびに「急性・重症患者看護専門看護師」「集中ケア認定看護師」が急性期看護を担い、安心できる体制をつくっています。
  • MFICU、GCUが整備され、安全な周産期医療の提供とともに安心への看護実践を提供しています。GCUでは「新生児集中ケア認定看護師」を中心にきめ細やかな看護を実践しています。

個々に応じた療養上の相談や世話による患者支援

  • さまざまな癌腫がある中で、がん治療を受ける患者さんに対し、多職種からなるチームとともに「がん看護認定看護師」「乳がん看護認定看護師」「がん性疼痛看護認定看護師」や「がん放射線療法看護認定看護師」「摂食嚥下障害看護認定看護師」の他領域のエキスパートが苦痛軽減のケア、がん相談や療養相談を行っています。
  • 「糖尿病看護認定看護師」「糖尿病療養指導士」が中心となり、療養相談室でさまざまな生活習慣病予防・改善のための生活指導や相談対応などを行っています。
  • 産科外来のマザークラスでは各教室が開かれ、安心して出産、育児準備ができるよう専門家による指導を行っています。
  • 「皮膚・排泄ケア認定看護師」は褥瘡の発生予防と早期治療に取り組んでいます。

現任教育の充実

  • 全看護職員がBLSを修得し、院内急変時には迅速に効果的に一次救命処置が実施できるよう、安全な体制にしています。
  • 臨床倫理への気づきを深め、医療の高度化、複雑化にともない、さまざまな患者さんやご家族の悩みを伺い、相談を受けています。また、患者さん、ご家族が主体的に意思を伝え納得して医療を受けることができるよう意志決定を支える看護師を育成しています。
  • 臨床看護検討会を定期的に開催し、より専門性の高い看護を目指して、活発な意見交換を行い実践に役立てています。「北陸地区臨床倫理事例研究会」を3年前より金沢大学附属病院と能登5病院をテレビ会議システムで結び開催し、倫理感性の向上を図っています。

地域医療との連携と貢献

  • 大学病院としての使命のもと、様々な看護の分野・領域で見学・実習を受け入れています。
  • 石川県内の看護師を対象に「看護師資質向上研修【がん看護】」を担い、がん看護の質の向上に貢献しています。また、能登北部若手看護師等定着促進事業オーダーメイド研修を受け入れており、能登地区の看護師にはテレビ会議システムを使用し、研修内容を提供できる環境を備えています。
  • 新人看護師基礎実践力向上をめざした卒後看護研修の努力義務化のもと、当院を含め石川県内の新卒看護師の育成に努め、その割合は2割にのぼっています。
  • 小児科病棟の看護師がタイアップした院内病児保育室は、職員はもちろん、近隣で働く親御さんに対しての支援を行っています。

専門看護師・認定看護師

ホームぺージ

ページの先頭へもどる