本文へジャンプ

薬剤部

案内


薬剤部長
崔 吉道

薬剤部は院内全ての医薬品の適正使用と安全管理に責任を持ちます。薬剤師は、医療チームの一員として、薬学的知識をフルに活用して、薬物療法が有効・安全に行われ、かつ、患者さんのQOLの向上に資するべく活動しています。

内容

一般調剤・注射薬調剤

処方箋に基づいた内服薬や注射薬の調剤を行っています。調剤時に、用法・用量、併用禁忌、相互作用などのチェックを行うことで、医薬品の適正使用・安全管理に努めています。また院外保険薬局との連携にも積極的に取り組んでいます。

病棟・薬剤管理指導業務

全病棟に薬剤師が専任で配属されています。医師や看護師への医薬品情報提供や薬物療法提案、入院患者に対する服薬指導、副作用・相互作用の有無の確認等を通して、副作用の回避や早期発見に努めています。

医薬品情報管理

医薬品の多種多様な情報の収集・整理・構築や院内副作用情報の収集等を実施しています。また病棟担当薬剤師と連携し、多職種医療のスタッフへのタイムリーな情報提供を行っています。

薬物治療・モニタリング

薬物の血中濃度を測定し、体内動態解析を行うことで、医薬品の有効で安全な投与計画を提案します。

一般製剤・無菌製剤

無菌的環境下で抗悪性腫瘍注射薬や高カロリー輸液の混合調製を行っています。また先端医療に必要な特殊製剤の調製を行っています。

外来化学療法

抗がん剤治療プロトコル・レジメンの管理や抗悪性腫瘍注射薬の混合調製、外来患者に対する薬剤指導を実施する等、他の医療スタッフと協働して副作用の防止や軽減に努めています。

薬品管理

医薬品の発注、購入、払い出しを行っています。薬剤部内にある採用医薬品約1700品目の適正な在庫管理および品質管理を行っています。

チーム医療

薬剤部は、感染制御チーム、栄養管理チーム、糖尿病療養チーム、緩和ケアチームおよび医療安全に積極的に参画しています。薬学の専門性を発揮して、医薬品の適正使用・安全管理を基本にして、安全な医療の提供に努めています。

ホームぺージ

ページの先頭へもどる