本文へジャンプ

疾病予防センター

案内

疾病予防センター
疾病予防センター長
金子 周一

“心身ともに健やかで長寿を迎えたい”という人類の願いを実現するためには、予防医学の推進、健康の増進、さらに早期発見が重要です。しかし、疾病になった患者さんを対象とした従来の診療体制だけでこれらに対応することは困難です。そこで、疾病予防センターが新しく設置されました。
予防医学と健康増進には、医師だけでなく薬剤師、保健師、看護師、栄養士、運動療法士などの医療スタッフの参加が必要です。また、早期発見には金沢先進医学センターとの連携が必要です。平成23年から、金沢先進医学センターによるプレミアムドックが開始されました。
どのような生活改善や健康増進が有効なのか、どのような健康診断の方法が適切なのか、健康診断で異常のある人をどうするのか、あるいは病気を持っている患者さんの健康診断や全身管理、機能回復をどうするのかなど、予防医学と健康増進の課題は多数あります。
センターを充実させ、附属病院の機能のひとつとして貢献できるよう努めていきます。

ページの先頭へもどる