本文へジャンプ

専門看護師

 日本看護協会の専門看護師認定試験に合格し、複雑で解決困難な看護問題を保有している個人や家族や集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた方のことをいいます。専門看護師は、「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」の6つの役割を果たすことによって、保健医療福祉や看護学の発展に貢献します。

急性・重症患者看護専門看護師  栗原 早苗

 急性・重症患者専門看護師は、急激に重症な状態や生命の危機状態にある患者さん、そのご家族に対し、全人的な看護を提供することを専門としています。生命を脅かすような健康問題を持った患者さんが身体機能の回復や合併症の予防、心身の安寧が得られることを目標にしています。ICUや術後回復室といった集中治療を受ける患者さんが中心となりますが、危機的な状況から脱した後の回復支援など一般病棟の患者さんの支援も行っています。ご家族に対しても、患者さんを心配される不安な気持ちや治療方法の選択に迷った際など、適切な情報提供などを通じて支援していきたいと考えています。また看護スタッフの相談や、他職種との調整など、スタッフへのサポートを通して、最適な医療・看護が提供できるようにしていきたいと思っています。
 現在、私はキャリア開発センターに所属し、看護スタッフの教育やキャリアアップに対する支援も行っています。看護スタッフがワークライフバランスを保ちながらキャリアアップでき、生き生きすることで、よりよい看護が提供できればと思っています。

 

がん看護専門看護師  佐伯 千尋

 がん看護専門看護師は、がん患者さんの身体的・精神的な苦痛を理解し、患者さんやそのご家族に対してQOLの視点に立った水準の高い看護を提供することを目標としています。
 患者さんはがんではないかと不安を抱きながら受診し、がんと診断されて、治療が始まります。手術療法・化学療法・放射線療法という治療や緩和ケアを受けながら、通勤・通学など社会生活を送ります。病気や治療による身体的な苦痛、不安や恐れなど精神的な苦痛、治療費の負担や仕事上の問題という社会的な苦痛、生きる意味が見出せなくなるなどの苦悩を患者さんは経験します。そしてご家族は患者さんと共に悩んだり揺らいだりしています。
 がんや治療と共に人生を歩む患者さんとご家族が、その人らしく生き抜くことができるように早期から緩和ケアを行い、支援していきたいと思います。そして患者さんとご家族を支える医療スタッフのサポートができるよう努めていきたいです。

ページの先頭へもどる