本文へジャンプ

遺伝診療外来

1.概要

 遺伝(子)診断・診療に関連が深い小児科、産科婦人科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、神経内科医師より構成され、遺伝子診断、遺伝カウンセリング、将来の遺伝子治療の可能性も含めて、診療科、領域横断的な包括的診療を行います。

2.外来の担当者

 遺伝子診断、遺伝カウンセリング、将来の遺伝子治療の可能性も含めて、診療科、領域横断的な包括的診療を行います。

遺伝診療・診断委員会

 遺伝診療に関連が深い小児科、産科婦人科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、神経内科医師より構成され、遺伝診療外来ならびに遺伝診療全体の内容などを審議します。

遺伝診療外来の詳細については、IRUD(未診断疾患イニシアチブ)のホームページをご覧ください。

ページの先頭へもどる