本文へジャンプ

病理部

一般目標:外来・入院患者から得られた外科材料あるいは剖検症例を通して、病理診断学の基礎や種々の手技を認識する。また形態学的側面から病態発生を学び病因を考察することができる。

期間:1ヶ月~3ヶ月

指導原則・方法

  1. 病院病理部で、毎日の日常診断業務にあたる。
  2. 標本作成、病理組織診断、術中迅速診断、細胞診、免疫組織化学、In situ hybridization、電顕、剖検などの基本を理解する。
  3. 部内カンファや抄読会等に参加する。
  4. 指導医とともに各種院内院外カンファレンスに参加する。CPCに参加発表する。

週間スケジュール

  午前 午後
カンファ、切り出し 標本診断 (院内カンファ)
切り出し 標本診断 (院内カンファ)
カンファ、切り出し 標本診断 (院内カンファ)
切り出し 標本診断 (部内抄読会)(院内カンファ)
切り出し 標本診断

科目責任者からのメッセージ:病理部では院内のほぼ全科にわたる患者さんの検体を扱っています。短い期間ですが、できる限り病理に関する知識を身に付けるとともに、病理診断の実際を知り、臨床家として各症例に対して実際にどのように対処していくか経験していただきたいと思います。また将来病理以外の科に進もうと思っている人も適切な検体の扱い方や臨床像との相関を知ることは非常に重要です。免疫組織化学や遺伝子診断等を含め病理診断の手法を学ぶことは臨床家としての貴重な礎になると考えられます。

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる