本文へジャンプ

眼科

金沢大学眼科における臨床研修プログラム

 金沢大学病院眼科は白内障手術症例を主に治療する一般病院眼科と異なり,地域の眼科医より難治症例を紹介される専門別に分化した診療科です.特に緑内障,網膜硝子体疾患,角膜疾患、ぶどう膜疾患および眼形成-腫瘍疾患の診療体制は充実しており,受診する疾患の広範さや,稼働する検査治療機器の種類の多さは日本有数であり,北陸地方の眼科専門機関としても機能しています.ここでの研修は基礎的眼疾患の理解と,重要であるが一般病院ではほとんど経験できない症例の経験が可能になります.

 研修内容(目的に応じて研修期間を選択するのが良いと思います.詳細は担当:小林、横川にお気軽に相談下さい)

<1ヶ月間研修>

視力検査,眼圧測定,屈折検査,角膜曲率測定,細隙灯顕微鏡検査,眼底検査(直像鏡,倒像鏡),視野検査などの検査の方法と原理を取得する.また、各専門外来(緑内障,網膜硝子体疾患,角膜疾患,ぶどう膜疾患,斜視弱視,眼腫瘍)に参加し,実際に診察やモニター画面を介して基礎的疾患を学ぶ.新患患者の検査手技やその結果の解釈を専門外来スタッフと討議しながら学ぶ.再来患者の診察を指導医と共に行う.病棟患者を指導医と共に受け持つ。豚眼を用いた白内障手術体験をする.白内障手術,眼形成手術,翼状片,霰粒腫などの手術の助手を行い手術の基本手技を学ぶ. 1ヶ月間研修して眼科の面白さに気づいた人は研修期間の延長をお勧めします.

<2ヶ月間研修>

上記の他に両眼視機能検査,蛍光眼底検査,眼底写真,光干渉断層計 (OCT),走査型レーザー検眼鏡 (SLO),前眼部解析装置,視神経乳頭解析装置などの検査の方法と原理を取得する.網膜硝子体手術,緑内障手術の第1助手を行う.

<3ヶ月間以上の研修>

上記の他に網膜電図などの検査の方法と原理を取得する.結膜下注射,テノン嚢下麻酔,網膜光凝固およびレーザー虹彩切開術,後発白内障切開の方法を修得する.

週間スケジュール

時間・
曜日
7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
  教授
回診
緑内障外来、網膜硝子体外来   外来検査 病棟  
  症例
検討
手術   小児外来  
  教授
回診
緑内障外来   メディカルレチナ外来、角膜外来 病棟  
  症例
検討
手術 ウェットラボ 病棟 カンファランス  
  教授
回診
眼窩外来、神経眼科外来   外来検査  

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる