本文へジャンプ

泌尿器科

金沢大学附属病院泌尿器科学到達目標

- プライマリーケアの基本は尿路管理である -

研修指導方針:将来どのような専攻科に進もうと役立つ研修プログラムを提供します。

プライマリーケアに欠くことのできない尿路の管理を、実践的に、しかも理論的に伝授します。

救急外来受診者の多くが泌尿器科疾患です。また、重症管理が必要な疾患の中で最も多いのが、実は尿路感染症に続発するurosepsisなのです!!

さあ、尿閉がきたら、真っ赤な血尿がきたら、疝痛発作の患者がきたら、そしてurosepsisの患者がきたら、あなたはどのように対応しますか。対応できますか?

泌尿器科研修は必須のプログラムなのです。

1ヶ月のプログラム (目的: 緊急時の対応法について習得)

  1. 尿閉・乏尿への初期対応
  2. 肉眼的血尿の初期対応
  3. 尿路結石の鑑別と痛みへの対応
  4. 尿道バルーン挿入指導
  5. 泌尿器科診察手順と前立腺触診
  6. 尿沈渣の作成と診断

2ヶ月のプログラム (目的: 尿路管理の理論に基づく対応法について習得)

尿閉の鑑別診断とそれに対応する処置の習得

  1. 腎不全の診断: 腎前性、腎性、腎後性の診断と実践的な対応法の習得
  2. 血尿の診断と膀胱鏡手技の指導
  3. 前立腺疾患の診断
  4. 腹部エコーによる尿路の描出とCT・MRI画像により基本的な診断

1,2ヶ月のプログラムでは、初期治療を的確に行う能力を獲得することが目標としましたが、3ヶ月以上のプログラムでは、将来泌尿器科医を目指す方に泌尿生殖器疾患に対する系統的な対応法について伝授します。

3か月以上コース (目的: 指導医のもとで泌尿器科の基礎と疾患全般への対応)

超音波検査:経腹的に腎臓、膀胱を観察、また、経直腸的超音波によって前立腺を観察できるよう に指導。

  1. 膀胱鏡の扱い方、観察のしかたに習熟。
  2. 経直腸的前立腺針生検の手技のマスター
  3. 泌尿器科的疾患の周術期の管理。
  4. 体外衝撃波結石破砕術の方法を理解し、実際に結石を破砕。
  5. 陰嚢内容の手術では執刀医になって手術をします。
  6. 研究会、学会に参加発表して、泌尿器科updateを知る。
  7. 国内短期留学により、高度な泌尿器科診療を知る。

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる