本文へジャンプ

腎臓内科・血液浄化療法部

 腎は種々の全身疾患の標的臓器です. また,慢性腎疾患そのものが循環器疾患等の他疾患の危険因子となる可能性が示されています. 従って腎臓内科は全身管理を視野にいれた全人的医療が求められ, かつ実践できる領域のひとつです.

研修目標

共通項目

  • 適切な輸液メニューを組み立てる.
  • 電解質異常(高Na血症,低Na血症,低K血症など)の鑑別し,治療を行う.
  • 酸塩基平衡異常を鑑別し,治療を行う.
  • 浮腫性疾患に対して適切な薬物療法(利尿薬を含む)を行う.
  • 高血圧に対する生活指導,薬物療法,二次性高血圧の鑑別を行う.
  • 高血圧,糖尿病,腎疾患などを考慮した適切な食事療法を選択する.
  • 検尿・尿沈渣の所見から腎臓および全身で起こっている病態を理解し治療を行う.
  • 臨床経過,身体所見,検査所見を総合的に評価・理解し,腎疾患,膠原病の診断を行う.
  • 腎疾患,膠原病に対して適切な投与量及び投与法によって免疫抑制療法(ステロイド,免疫抑制剤,生物学的製剤)を行う.
  • 免疫抑制療法の合併症,副作用を理解し,対策を行う.
  • 科長回診および検討会で症例提示を行い,治療方針を決定する.
  • 医師,薬剤師,看護師,栄養士,臨床検査技師からなる腎臓病のチーム医療を行う.

専門項目
<1ヶ月> 

  • 指導医のもとで,透析時の内シャント穿刺,中心静脈ルートの確保を行う.
  • 指導医のもとで,急性および慢性腎不全の全身管理を行う.必要の際は透析機器を準備し血液浄化療法(血液透析,持続血液濾過透析(CHDF))を行う.
  • 指導医のもとで,腎病理診断を行い腎疾患,膠原病に対する治療方針を決定する.

<2-3ヶ月>
上記に加えて,

  • 血液透析および腹膜透析の導入,管理を行う.
  • アフェレシス療法(血漿交換,二重膜濾過法,免疫吸着,血球除去など)の適応を理解し,治療を行う.
  • 腎移植の適応および治療法を理解し,泌尿器科と協力して治療を行う.

週間スケジュール

時間
曜日
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17










初診外来  


病棟業務      症例検討
外来・病棟   病棟業務
専門外来     腎生検 病棟業務
初診外来   科長回診   合同カンファ 症例検討
外来・病棟   病棟業務            症例検討

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる