本文へジャンプ

核医学診療科

核医学診療科での研修

 核医学診療では、全身の様々な臓器の機能診断やアイソトープ治療を行います。金沢大学の核医学診療科は、全身のあらゆる臓器の生理学や病態生理学を理解しながら、その機能検査法を学べる診療科です。

○核医学診断の中心は心臓、腫瘍、脳

 日本人の主な死因はがん、脳卒中、そして心臓病。核医学診断はそのいずれにも深く関わっています。
 心臓の核医学検査は、循環器の診療に不可欠です。心筋の虚血や、代謝障害、心臓の交感神経機能の異常などをとおして、心臓の生理学的・機能画像の診断法を学びます。心臓核医学はその高い診断精度や実用性のゆえに、世界的に多数の検査が行われ急性期、慢性期の虚血性心疾患、心不全を含めて、有効性のエビデンスが確立している検査法です。
 がんの形態診断は、CT、MRIや超音波、などでなされますが、核医学の得意の領域はその機能的診断です。つまり、がんの検出、悪性度の評価、治療効果の判定、転移や原発巣の全身検索、予後評価など、これらはいずれも患者さんのケアに大きな影響を与えます。最近話題のPETも核医学の一つですが、関連病院と連携して研修を行います。
 脳の核医学検査の主体は、脳血管障害と認知症です。これも形態変化をとらえる画像診断と比較して、軽度の虚血や循環予備能の評価、認知症での血流、代謝異常の評価に不可欠です。

○内分泌核医学とアイソトープ内照射治療

 古い歴史をもつ甲状腺の診療も核医学の特色のひとつです。国内でも最近、バセドウ病や甲状腺癌の内照射治療ガイドラインが作成され、内照射治療の正しい普及と標準化を目指しています。金沢大学のアイソトープ治療病室は世界でも有数の施設とスタッフを備えています。I-131による甲状腺癌、バセドウ病の内用療法に加えて、I-131-MIBGによる褐色細胞腫や神経芽細胞腫の治療やY-90ゼバリンによる悪性リンパ腫に対する治療、ストロンチウム(Sr-98)による骨転移の疼痛緩和療法も施行されております。

○週間スケジュールとプログラムの内容、目標等

月:AM各種検査/PM病棟、火:各種検査/病棟、水:心負荷検査/読影、木:心負荷検査/読影、金曜:超音波検査/脳負荷血流検査・病棟を基本として研修を行います。

1ヶ月間での研修目標は、各検査の基本的コンセプトの理解と手技の習得。2ヶ月では各種検査の基本的な読影ポイントの理解。3ヶ月では特殊検査の手技、理解ならびに読影の基本の習得を目標とします。

○短期研修でも歓迎

 核医学診療は全身の臓器の、あらゆる科の診療と密接に関連しています。1ヶ月単位の短期の研修も歓迎しますので、短期でも研修希望のある方はご連絡ください。個人的な研修希望に添った研修プログラムを作成します。

○核医学診療に関する情報は当科ホームページからも参照できます

http://nucmed.w3.kanazawa-u.ac.jp/

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる