本文へジャンプ

リハビリテーション部

北陸におけるリハ医療・人材育成のメッカとして

 当院は日本リハ医学会認定の,日本でもまだ数少ない「リハ科専門医」育成機関の一つであり,これまで北陸で活躍するリハ科専門医の多くを輩出してきました。当院には,日本リハ医学会が認定する専門医・指導責任者が常に在籍しています。医師研修については,一般医師の短期体験コースから専門医育成のための長期研修コース(多施設研修)まで,あらゆる希望に幅広く対応することが可能です。医学生の見学・研修も,随時受け入れています。まずは何でも気軽にご相談ください。

当院のリハ医療の特色

 社会構造の高齢化を背景に,「疾患治療」ばかりでなく,それとは対極的なところで「障害医療」も並行させなければならない患者が増加しています。病棟主治医の負担は大きくなるばかりです。病棟主治医が「疾患治療」に専念できるよう,入院中の「障害医療」を請け負う部門が必須となってきました。その核が,中央診療施設のリハビリテーション部です。

 リハ医療は急性期リハ・回復期リハ・維持期リハに分かれ,各々が独特のリハ診療スタイルを持っています。当院は,断然「急性期リハ」の性格が強い施設です。

大学病院のリハ医療がめざすこと

 リハ医療の使命は,「障害を被った人」が「より人間らしく」暮らせるよう支援することです。これまでの日本のリハ医療の課題は,理学・作業・言語療法といったリハに最低限必要な治療手段・治療体制の国内各地への浸透・普及でした。現在,セラピスト増加やリハ医療体制・整備の普及が徐々に進み,まだ完全とはいえませんが,最低限求められるリハ医療行為は全国各地で提供可能となりつつあります。そして,これまで「これ以上の改善は無理」といわれてきた機能障害について,「もっとよくならないのか」と熟考する余裕がでてきました。

 今後のリハ医療の課題は,リハ治療技術の進歩(治療の進化)に向かっていくはずです。従来からの運動療法・物理療法には限界があります。この限界を塗り替え,更新させられるのは医師の力,医師の才知であり,リハ科医師の使命だと考えます。その中で,研究機関でもある大学のリハが掲げるべき使命の「究極」は,障害や後遺症の「撲滅」です。まだまだ夢物語かもしれませんが,全国的にはコンピューター技術やロボット技術を応用した先進的な取り組みも進んでいます。

初期臨床研修の概要

カテゴリー:選択科目, 研修期間:1ヶ月~2ヶ月が推奨

  • 研修目標は,リハ医療を「体験的に知る」こと
     初期臨床研修では,リハの専門知識・技術の「習得」は求めません。むしろ,運動器疾患,脳血管障害,呼吸・心疾患,DM等の運動療法をはじめ,廃用症候群,嚥下リハなど,医学生教育では学べなかったことを,初期研修の機会を利用して「知ってもらう」ことを目標とします。このことが,どの専門分野を志す研修医にも有意義な知的財産になると考えています。
  • 急性期リハビリテーションを知る
     当院リハ研修の最大の特徴は,「急性期リハ(≒早期離床・早期リハ)」がいかに重要か認識できることです。急性期リハの役割は,廃用症候群(臥床による二次障害)の可及的予防に尽きるといえます。そのために私共は,当院の早期離床・早期リハ体制を維持し続けることに努めています。とくに将来,急性疾患・救急・手術を担う病院勤務を希望する研修医にはぜひ,身近に「体感」してもらいたい研修内容です。

週間スケジュールの概要

  午前 午後
  院内回診 外来診療(初診) 再診,検査,症例サマリ,等
カンファレンス 院内回診 外来診療(初診) 再診,検査,症例サマリ,等 嚥下リハ回診
PT/OT/ST研修
カンファレンス 院内回診 外来診療(初診) 装具義肢,等 運動器リハ回診
PT/OT/ST研修

研修内容,等についての問い合わせ

 詳細を知りたい方は,リハビリテーション部受付(外来棟B1),または当部部長(整形外科教室医局)まで,お気軽にお尋ね下さい。

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる