本文へジャンプ

消化器内科

 消化器疾患は内科疾患の中でも頻度が高く、また腹部症状を訴える患者さんの診察では泌尿器科・婦人科・整形外科疾患などとの鑑別も重要です。したがって、医師としてこの分野におけるプライマリ・ケアは必須です。そこで消化器内科の初期研修では、腹部疾患を診療する際の基本的姿勢、診療の原理・原則を学び、さらには初期診療に必要な消化器の検査を含めた診療の基本技術を習得することを目標とします。また各消化器疾患の病態の理解から治療法の基本までを修得して頂きます。

原則として

  1. 指導医の下で入院患者(2名程度)を受け持ち、内科医として必要な消化器疾患の診断手技、検法および治療法について修得する。
  2. 腹部超音波検査、上部消化管内視鏡検査について適応を理解し,検査手技を習得する。
  3. 各臓器の生検手技、EMRやESD、膵・胆道系検査などの特殊検査や治療法の補助を行い、検査手順、術前後の対応について理解を深める。
  4. 各種カンファレンスに参加することで,消化器疾患の病態生理の理解を深め、プレゼンテーション能力を養う。

研修スケジュール

 1週間のスケジュールの中で、初めは検査および外来診療を見学しながらテクニックやノウハウを学習し、習熟度に応じて、より高度な診療にも参加して頂きます。

 消化器内科の研修プログラムでは、選択期間(1、2、3ヵ月)に関わらず、研修医の積極性と習得度に応じて際限なく専門領域に踏み込んで知識と経験を吸収できるカリキュラムとなっています。

 金沢大学消化器内科では国内外をリードする最先端基礎・臨床研究、治験、診療ガイドラインの作成が日夜行われており、研修の一環として参加し議論に加わることも歓迎されます。ぜひ研修の機会にいろいろ試して醍醐味を味わってください。なお消化器内科での初期研修は、後期研修さらにその後の博士号(医学)の取得を含めた一環カリキュラムの期間に含めることも可能です。

将来的に消化器内科を専門とした場合には

  1. 大学など超一流の研究・教育機関において消化器指導医を目指すコース(10~15年)
  2. 高度な治療を行う基幹病院での消化器専門医を目指すコース(5~10年)
  3. 開業を含めた消化器診療の習得を目指すコース(3~5年)

がそれぞれ用意されており、コース選択途中での変更は自由に行うことができます。将来、消化器を専門とすることを考えている研修医、内科全般にわたって知識・技術の習得を求める研修医が当科を研修科目として選択してくれることを期待しています。

各診療科・診療部の研修ポイントへ戻る

ページの先頭へもどる