金沢大学附属病院
Kanazawa University Hospital

令和3年度 金沢大学附属病院 病院指標

  1. ホーム
  2. 病院の概要
  3. 病院指標
  4. 令和3年度

金沢大学附属病院 過去の病院指標

令和3年度 金沢大学附属病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

     
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

※本ページのデータは「標榜診療科」別に集計しているため、本院の診療科名とは異なります。

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 485 408 375 587 1,084 1,699 2,740 4,583 1,564 116

年齢階級別退院患者数は、本院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。幅広い年齢層の患者さんが入院していますが、最も多い年齢層は、70~79歳でした。60歳以上の患者さんの割合は65%を超えており、地域社会の高齢化を反映しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード


消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 130 10.79 10.48 3.08% 74.62
060050XX030XXX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 113 10.51 7.72 0.88% 74.00
060050XX99000X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 101 9.64 8.45 1.98% 72.11
060300XX97100X 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 69 11.06 11.81 0.00% 71.19
060020XX04XXXX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 61 9.03 7.96 0.00% 70.89

当科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管に加え、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓を含む複数の消化器臓器の診療を担当しています。
当科の入院で最も多いのは肝細胞癌、胆道癌、膵癌を含む肝胆膵領域の悪性腫瘍です。腫瘍の性質や広がりを複数の画像診断で精密に診断し、肝機能を含む併存疾患の状態を的確に評価した上で、消化器内科、肝胆膵・移植外科、放射線科、病理部など複数の診療科とキャンサーボードを開催しながら連携し、それぞれの症例の病状にあわせた最適な治療を提供するように心がけています。肝癌に対するラジオ波焼灼療法や、肝胆膵悪性腫瘍の進行例に対する薬物療法、内視鏡下ドレナージ・ステント留置に加え、肝動脈化学塞栓療法、肝動注化学療法は放射線科、肝切除術・肝移植術・膵頭十二指腸切除術・膵体尾部切除術は肝胆膵・移植外科と連携しながら治療を行っています。
また早期食道がん、胃がん、大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術など、内視鏡を用いた低侵襲治療も多く行っています。

内分泌・代謝内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007XXXXXX1XX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 87 13.43 14.41 0.00% 67.99
100180XX991XXX 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 25 4.04 4.01 0.00% 51.72
100180XX990X0X 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 副傷病なし 23 6.00 6.66 0.00% 56.83
100120XX99XXXX 肥満症 手術なし 15 13.87 15.16 0.00% 44.00
10007XXXXXX0XX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 なし 15 10.53 11.15 0.00% 71.13

当科では、生活習慣病とホルモンの病気を主に診療しています。中でも世界的に増加し続ける2型糖尿病患者さんに対して、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師らが糖尿病療養チームDiETを組んで、チーム医療アプローチでライフスタイルと薬物療法のアドバイスを進めています。また、甲状腺、副腎、下垂体をはじめとするホルモンの異常(機能亢進症・低下症)の原因を同定し、適切な治療を行っています。加えて、肥満外科手術のための事前内科入院を昨年度に続いて行っています。

リウマチ科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560XX99X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 97 10.95 14.75 2.06% 60.93
070560XX97XXXX 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 26 37.85 36.13 3.85% 57.77
070560XX99X70X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 25 18.40 21.03 12.00% 62.40
110280XX9900XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 23 6.78 10.39 0.00% 48.52
070470XX99X0XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 11 13.55 15.50 0.00% 72.09

<重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患について>
重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患は発熱、関節痛、皮疹、筋肉痛、呼吸器症状など様々な症状が自己免疫により発症する疾患で、腎臓、肺、心臓、神経など重要臓器の障害を伴います。この分類に含まれる疾患で頻度の多いものとしては全身性エリテマトーデス、血管炎、炎症性筋疾患、リウマチ性多発筋痛症、シェーグレン症候群などです。当院では皮膚科、眼科、腎臓内科、呼吸器内科、脳神経内科など関連する診療科と綿密に連携を行い、これら疾患群に対する専門的な診断、適切な治療に取り組んでいます。重症・難治性の適応疾患に対しては、ガンマグロブリン大量静注療法などの治療も行っています。
<慢性腎炎症候群について>
慢性腎炎、慢性間質性腎炎、慢性腎不全はいずれも放置すれば腎機能が低下し、血液透析に至る可能性のある疾患群です。当院では腎臓内科、内分泌・代謝内科を始め、管理栄養士、理学療法士とともにチームを組んで、透析への進展防止に向けて入院、外来患者への指導及び治療を行っています。
<関節リウマチについて>
関節リウマチは最も頻度の高い膠原病であり、関節の疼痛と変形をきたし、最終的に日常生活に影響することがある疾患です。活動性の高い方では特に早期治療が重要です。当科では、通常治療では疾患活動性コントロールの難しいケース、合併症により薬剤選択に制限があるケースなどに、生物学的製剤をはじめとした専門的な治療を積極的に行っています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 109 10.23 9.07 0.92% 71.47
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 94 2.68 3.30 0.00% 71.18
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 56 13.38 18.42 5.36% 70.54
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 31 13.23 13.12 16.13% 71.23
040040XX99080X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 副傷病なし 21 14.19 9.01 0.00% 66.71

当科では、肺がん、間質性肺炎、気管支喘息、慢性咳嗽、慢性閉塞性肺疾患、呼吸器感染症など、あらゆる呼吸器疾患に万遍なく対応できる診療体制を整えております。気管支鏡検査のために多くの患者さんが入院されています。仮想気管支鏡ナビゲーションシステムなど新しい技術を用いて呼吸器疾患の正診率の向上に努めております。また入院患者さんの多くは、肺がんに対する薬物治療を行っております。肺癌診療ガイドラインに準拠した標準治療はもちろんのこと、一部の患者さんには臨床試験や治験にご協力いただき、新規治療方法の開発にも関わっております。間質性肺炎は、肺以外の臓器と関連した全身性の疾患が原因となることもあります。他の診療科に所属する専門医と連携しながら診断、治療方法の選択および全身管理を行っております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 143 7.39 4.79 0.00% 62.57
050050XX0200XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 86 7.15 4.36 1.16% 69.26
050080XX9910XX 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 65 9.77 5.59 0.00% 71.09
050080XX9700XX 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 52 20.13 14.69 11.54% 82.00
050050XX9910XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 39 4.49 3.06 0.00% 70.82

日本人の死因の第2位が循環器疾患であり、その中でも虚血性心疾患の頻度が最も多く、さらに虚血性心疾患は生活習慣病から進展することが多いため、早期診断や早期予防、早期治療が重要となってきています。そのため、虚血性心疾患が疑われれば各種モダリティーにて冠動脈疾患を評価し、虚血性心疾患と診断されれば、積極的な薬剤による予防治療を開始し、狭心症症状が薬剤にて改善できない時や、狭窄病変に広範な虚血を有する場合、カテーテルによる冠動脈形成術やステント留置術を行っています。
高齢化に伴い、弁変性に伴う心臓弁膜症や弁膜症に起因する心不全の頻度が近年増加傾向にあります。心臓超音波検査や心臓カテーテル検査などにより適切な診断、病態の評価を行い、薬物療法や外科的弁置換術さらには近年当院でも導入した経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)といった患者さん個々の病態、背景に合わせた最適の治療方針を決定しています。
また同様に高齢化に伴い心房細動という不整脈の罹患率も増加傾向にあり、心房細動による脳卒中が社会問題となりつつあります。当科では、増加傾向にある心房細動や他の不整脈をカテーテルを用いて原因を同定し、原因である部位にカテーテルを用いて心筋焼灼を行い不整脈を根治する治療を行っています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX9900XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 64 9.70 10.39 1.56% 49.75
070560XX99X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 18 16.89 14.75 5.56% 65.44
110260XX99X0XX ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 14 20.36 20.43 7.14% 63.29
110280XX97X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 10 16.90 14.62 20.00% 65.60
110280XX9901XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 13.74 - -

本邦では、2020年末の慢性透析患者数が34万人を超え、増加傾向は鈍化したとはいえ、未だ増加しています。その背景にある腎臓病には、種々の病因、疾患群があります。当科では、慢性腎炎症候群や自己免疫性疾患に伴う腎臓含めた重篤な臓器障害例など幅広い疾患に対して腎生検による診断や病勢の評価を行い、治療を行っております。また、多量の尿タンパクを認め、浮腫や腎機能障害進行の原因の一つにもなるネフローゼ症候群の患者さんに対しても治療を行っております。長期の経過で末期腎不全に至る患者さんには、血液透析や腹膜透析の導入・継続に際して必要となるブラッドアクセス(内シャント)の新規作成や形成術、CAPDチューブ留置についても当院の専門医に依頼して行っております。また近隣の医療機関とも連携し、患者さんの紹介をうけたり、転院も含めた逆紹介を行い、診療を継続しています。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X5XX 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 37 20.00 19.92 2.70% 70.16
130030XX97X50X 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 23 32.26 31.17 26.09% 66.65
130030XX99X3XX 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 20 14.20 15.64 10.00% 53.70
130010XX97X2XX 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 16 31.75 37.46 6.25% 50.69
130030XX99X4XX 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 15 11.53 10.66 0.00% 69.27

当科では、悪性リンパ腫、急性白血病、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などあらゆる血液疾患に対応した診療を行うとともに、造血器悪性腫瘍に対する造血幹細胞移植や、再生不良性貧血に対する専門的診療に力を入れています。また、「造血器腫瘍診療ガイドライン」に準拠した標準治療のみならず、臨床試験による新規治療法の開発にも取り組んでおります。
昨年度当科で診療を行ったDPCによる主要な疾患の内訳は、全国的な傾向にほぼ一致し、悪性リンパ腫が上位に挙げられます。特に、診断時に合併症を持つ、重症度の高い症例を数多く治療しています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130XX9900XX 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 34 2.94 7.74 0.00% 3.94
060180XX99X0XX クローン病等 手術なし 手術・処置等2 なし 11 6.55 8.24 0.00% 12.55
010110XXXXX4XX 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 10 4.20 16.11 0.00% 3.50
14031XX09910XX 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 10 3.00 4.14 0.00% 9.80
140010X199X0XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 6.13 - -

新生児特定集中治療室(NICU)を備えており、金沢市内の関連病院や産科開業医の先生方と連携し、地域における周産期医療を担っています。また、血液悪性疾患、神経難病、先天性心疾患、免疫不全、膠原病などの難治性疾患の入院を多く受け入れております。当院は、石川県のみならず北陸の血液悪性疾患を引き受けております。また、腎生検・消化管内視鏡検査・心臓カテーテル検査・食物負荷試験などの短期入院も受けています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560XX99X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 47 15.57 14.75 2.13% 57.94
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 24 18.75 7.68 0.00% 78.88
080010XXXX0XXX 膿皮症 手術・処置等1 なし 18 10.89 13.07 0.00% 63.22
080220XX99XXXX エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術なし 15 3.67 3.51 0.00% 27.60
070560XX97XXXX 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 15 39.13 36.13 0.00% 65.33

膠原病、その中でも特に全身性強皮症、皮膚筋炎の診療を中心に行っています。今回も例年同様、膠原病や自己免疫水疱症に対する免疫グロブリン大量静注療法も数多く施行しています。また、高齢患者の皮膚悪性腫瘍の手術件数は昨年度よりも増加してきております。今年度は原因はわかっておりませんが、例年に比して無汗症の患者が多くなっており、入院件数が増えた結果となりました。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163XX9900XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 60 8.08 8.06 0.00% 75.78
050080XX0101XX 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 46 31.39 21.93 6.52% 66.98
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 32 13.44 11.06 3.12% 77.75
050161XX97X1XX 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 23 33.35 29.08 43.48% 69.52
050163XX02X1XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 22 26.95 19.66 0.00% 69.05

当科の主な入院患者症例は、狭心症や急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などの弁膜症、大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患となっております。当院でも心臓血管外科医、循環器内科医を中心とした専門スタッフでハートチームを構成し、患者さんにとって最適な治療法を検討しています。大動脈弁狭窄症の患者さんに対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)や、右小開胸による僧帽弁形成術といった低侵襲手術を積極的に考え、患者さんの身体にかかる負担を極めて少なくし、早期退院を目指しています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X00X 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 180 15.92 10.47 0.56% 70.60
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 88 5.84 3.30 0.00% 72.75
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 32 2.19 9.07 0.00% 70.75
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 30 6.73 13.12 0.00% 74.90
040040XX9905XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 16 18.12 19.34 0.00% 73.31

当科の治療対象疾患としては、原発性肺癌や転移性肺腫瘍などの肺悪性腫瘍、縦隔悪性腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの胸部悪性腫瘍が非常に多く、他にも胸部感染症なども対象としています。手術適応と判断される場合は根治を目指した外科手術を行っています。比較的早期の悪性腫瘍に対しては、低侵襲手術である、ロボット支援下手術や単孔手術(小さい創が一つだけの手術)などの胸腔鏡手術を行っています。進行悪性腫瘍に対しては、薬物療法や放射線療法と外科手術を組み合わせた集学的治療を行っています。また、診断のための気管支鏡検査なども積極的に行い、中枢型早期肺癌の根治治療である光線力学療法も行っています。治療方針に関しては呼吸器内科、腫瘍内科、放射線科、および放射線治療科の医師と合同でカンファレンスを行い、協議のうえ決定しています。当科で治療を行う患者さんでは全身状態が良好とは言えない場合や進行悪性腫瘍の場合が多いですが、手術を含めた治療は患者さんの生活の質(QOL)と希望を考慮し、最も治療効果を得られる適切な治療法を選択しています。

胃腸外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020XX99X7XX 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 46 3.24 6.54 0.00% 66.20
060020XX02XXXX 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 44 18.18 18.34 0.00% 70.30
060035XX010X0X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 33 16.88 15.76 0.00% 67.88
060020XX99X4XX 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 33 5.21 5.63 0.00% 66.64
060020XX97X0XX 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 28 16.54 14.66 7.14% 58.93

当科では消化管疾患に対する治療を中心に診療しています。良性疾患、早期癌、高度進行癌と幅広い疾患に対して先進的治療を行っています。
胃癌においては、低侵襲手術であるロボット支援下手術、鏡視下手術を積極的に施行しております。また、ステージⅣの胃癌症例に対しては、3剤併用化学療法(mDCS 療法)を実施し、結果として60%以上の患者さんにConversion手術を行っております。Conversion手術を行った患者さんの5年生存率は40%と全国トップクラスを誇ります。
結腸癌においては、根治切除を目指せる症例には手術を、肝転移などの遠隔転移を伴うStageⅣ高度進行癌あるいは、局所進行癌に対しては化学療法後の切除を目指し、85%以上が鏡視下手術で行っております。低侵襲な鏡視下手術ののちは、速やかに化学療法へ移行することが可能です。切除不能大腸癌症例に対しては近年の化学療法の進歩に伴い、多くの症例で長期生存が得られています。

肝臓・胆のう・膵臓・移植外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007XXX010X0X 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 48 27.25 24.86 0.00% 62.81
060050XX02XXXX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 46 15.67 14.93 0.00% 69.70
060050XX99000X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 34 6.82 8.45 0.00% 69.26
06007XXX9900XX 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 32 9.81 10.88 0.00% 67.00
06007XXX97X00X 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 19 16.21 11.68 5.26% 68.95

当科は肝胆膵領域の高難度手術を多数手がけており、肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設Aの認定を受け、高度技能専門医4名が常勤しております。また、肝腫瘍や膵腫瘍、門脈圧亢進症に伴う脾機能亢進症に対しては腹腔鏡手術を積極的に導入しており、3名の内視鏡外科技術認定医が常勤しております。肝臓外科においては、北陸で唯一の脳死肝臓移植実施施設であり、生体および脳死ドナーを用いた肝移植術を行っております。また、肝癌に対する肝切除も多く行っております。膵胆道外科領域では、外科治療の根治性を高めるために、血行再建を伴う高度な手術を積極的に行っております。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX99X4XX 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 206 2.26 3.94 0.00% 54.17
090010XX02XXXX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 83 11.42 5.88 0.00% 57.19
090010XX010XXX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 81 17.64 10.15 0.00% 58.80
090010XX99X8XX 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり 69 3.64 4.21 0.00% 61.67
090010XX99X0XX 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 23 8.91 9.61 0.00% 63.91

当科では乳癌手術および乳癌周術期・進行再発薬物療法を中心に実施しております。乳腺良性疾患に対する診断、経過観察、手術加療も実施しています。
乳がん患者は30代後半から60代の女性が中心となっており、診断から治療開始に至る経過の多くは外来診療、手術および薬物療法の一部を入院加療で実施しております。
遺伝診療外来、がんセンターとも連携し、遺伝性乳癌卵巣癌症候群の検査や遺伝子パネル検査なども実施しております。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590XX97XXXX 停留精巣 手術あり 25 3.08 2.99 0.00% 2.40
11022XXX01XXXX 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 20 3.05 3.77 0.00% 2.70
060160X101XXXX 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 19 3.16 2.78 0.00% 2.58
11013XXX03XXXX 下部尿路疾患 尿管膀胱吻合術等 10 9.70 9.55 0.00% 4.90
140580XX02XXXX 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 - - 9.45 - -

当科で最も多い疾患は鼠径ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫です。いずれも2泊3日の予定となっています。大学病院という特性もあり、基礎疾患を有する患児も多く、その場合には術前、術後の観察が少しのびることもあります。また小児泌尿器疾患も積極的に行なっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 104 20.08 20.63 8.65% 63.71
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 65 10.54 13.52 4.62% 26.54
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 61 24.44 23.02 19.67% 74.92
070010XX010XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 35 9.17 5.49 0.00% 51.17
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 33 24.73 20.31 24.24% 67.58

当科は関節、スポーツ障害、骨軟部腫瘍、手・足の障害、脊椎、外傷といった全てのスペシャリティ領域の専門家を揃えております。その中でも人工関節が必要となる関節疾患や、四肢の骨腫瘍、複雑な病態を有する脊椎疾患やスポーツ障害、腱損傷などは他施設からの紹介が多く、専門的な治療に対応しております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080XX991XXX 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 95 2.67 2.50 0.00% 70.73
110070XX99X20X 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 副傷病なし 86 8.62 9.65 0.00% 73.94
11001XXX01X0XX 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 58 11.48 10.63 0.00% 65.88
110070XX02XXXX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術+術中血管等描出撮影加算 58 8.83 7.05 0.00% 72.43
110080XX01XXXX 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 48 14.33 11.63 0.00% 68.48

当科は前立腺癌の診療に以前から力を入れており、手術(ロボット前立腺全摘術)、放射線治療(密封小線源埋込療法(Seed implant)、高線量率組織内照射(HDR-brachytherapy)、強度変調放射線治療(IMRT))、ホルモン療法、抗がん剤治療など主要な前立腺癌診療モダリティを網羅しています。個々の患者さんにとって最適な治療を選択することが可能であるという強みがあり、このため、患者数第1位(前立腺生検)、第5位(ロボット前立腺全摘術)が前立腺癌診療の入院となっています。HDR-brachytherapyやSeed implantの入院は第6位以下ではあるものの、それぞれ40名、20名程度、入院での診療を行っています。新型コロナ蔓延の影響で前立腺生検およびロボット前立腺全摘術件数はコロナ前より減少していますが、依然として限局性前立腺癌に対する治療であるロボット前立腺全摘、HDR-brachytherapy、およびSeed implantを合わせると100件程度の件数を維持しています。
筋層浸潤膀胱癌・転移を有する進行膀胱癌については他院からの紹介患者さんが増加し続けており、その影響で膀胱癌に対する化学療法(転移を有する膀胱癌に対する化学療法、筋層浸潤膀胱癌に対する周術期化学療法を合わせた数)が第2位となりました。DPC以外に治験にも多数取り組んでいます。
第3位の腎尿管悪性腫瘍手術は主に腎細胞癌、腎盂癌の手術であり、一部の進行癌を除いて、最近は全国的にほとんどが腹腔鏡を用いて手術をおこなっています。
2017年末より開始し多数例に行ってきたアミノレブリン酸による光線力学診断(PhotoDynamic Diagnosis: PDD)を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除術が、2020年4月よりDPC算定となったため、2020年に引き続き第4位にランクインしております。PDDを用いない経尿道的膀胱腫瘍切除術も多数行っており、両者を合わせると100件以上となり、この傾向は来年度以降も続くと思われます。
一方、女性の生殖器脱出症の症例が多いのは当科の特色でありましたが、新型コロナ蔓延の影響で手術件数が削減され、女性の生殖器脱出症を含めた良性疾患の手術は著明に減少した状態が続いています。しかし依然としてニーズは高く、手術をお待ちの患者さんは増加の一途であります。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220XX97XXX0 緑内障 その他の手術あり 片眼 155 7.83 5.41 0.00% 68.77
020110XX97XXX1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 144 7.08 4.83 0.00% 72.55
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 141 4.78 2.71 0.00% 65.58
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 126 7.89 8.48 0.00% 56.55
020220XX01XXX0 緑内障 緑内障手術 濾過手術 片眼 125 13.47 9.47 0.00% 70.14

COVID-19パンデミックの状況においても、当科では専門性の高い治療を行っているため、多くの患者さんが紹介受診されます。緑内障に関しては、病状に応じて術式を選択し、生涯にわたる管理につなげています。水晶体疾患に関しては、難症例に対応しています。緊急疾患である網膜剥離に対しては、高度な技術を要する硝子体手術を行っています。その他、角膜移植を必要とする角膜疾患や、眼瞼疾患、涙器疾患、眼窩疾患にも対応しています。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440XX01XXXX 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 55 7.02 7.09 0.00% 37.45
100020XX010XXX 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1 なし 54 11.19 8.19 0.00% 53.39
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 45 9.31 7.03 0.00% 50.82
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 24 6.58 6.47 0.00% 50.08
03001XXX0100XX 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 13.13 13.07 0.00% 67.13

当科の特徴としては、頭頸部悪性腫瘍に対する集学的治療や顕微鏡下の耳科手術、内視鏡下鼻内内視鏡手術など、高度な専門知識と技術を要する診療を主に行っています。また地方都市の大学病院であるため、同時に分野に偏りのない診療も担っています。これらの疾患患者は主に地域の関連病院や開業医から紹介され、高い紹介率を保っています。それぞれの疾患において、きめの細かい診療を行い、かつ短期入院を目指すことで患者満足度を上げる努力をしています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 117 4.14 4.34 0.00% 68.09
120010XX99X50X 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 109 3.84 4.23 0.00% 63.84
12002XXX01X0XX 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 37 15.92 11.55 2.70% 54.11
120010XX99X70X 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 35 2.91 4.08 0.00% 58.20
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 31 7.81 6.04 0.00% 43.84

数多くの良性腫瘍、悪性腫瘍の患者さんが紹介されます。病態を適切に見極め、可能な場合は腹腔鏡下手術やロボット支援下手術など低侵襲手術を積極的に取り入れています。子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌の進行がんに対しては、手術のみならず、放射線治療、化学療法も行っており、遺伝情報に基づく分子標的治療も行っています。外来での化学療法も可能です。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010XX02X10X 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 61 20.89 32.30 16.39% 51.16
010030XX9910XX 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 54 2.91 2.99 1.85% 65.11
010030XX03X0XX 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 42 13.12 9.35 0.00% 66.45
010010XX9900XX 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 29 6.45 10.65 10.34% 58.34
010070XX9912XX 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 2あり 20 5.20 4.94 0.00% 58.70

当科では脳腫瘍の手術の専門医がおり、石川県のみならず北陸全般より多くの患者が紹介され治療を行っております。手術困難な症例においても覚醒下手術や神経モニタリングを行い安全な摘出を可能としています。下垂体腫瘍を含む深部病変に対しては神経内視鏡を用いた高難度手術を行っております。また脳動脈瘤の治療に際しては、開頭クリッピング手術に加えてより低侵襲な血管内手術も行っており、高難度の血管障害に関して多くの紹介があります。

放射線診断科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020XX99X5XX 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 31 10.58 8.57 0.00% 54.10
100020XX99X2XX 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 23 12.70 6.10 0.00% 54.96
100190XX99X0XX 褐色細胞腫、パラガングリオーマ 手術なし 手術・処置等2 なし - - 7.13 - -
180050XX99X0XX その他の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 11.53 - -
100140XX99X2XX 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 8.57 - -

当科は北陸3県の核医学治療を支える中核施設として役割を担ってきました。甲状腺癌と甲状腺機能亢進症に対するI-131内用療法に力を入れており、多くの症例を経験しています。甲状腺癌に対するI-131内用療法は主に入院で、甲状腺機能亢進症に対するI-131内用療法は主に外来で行っています。また、R3年からは神経内分泌腫瘍に対するPRRT、R4年からは褐色細胞腫、パラガングリオーマに対するI-131 MIBG治療も行っています。

腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 22 3.23 3.30 0.00% 71.82
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 20 6.95 9.07 0.00% 71.50
040040XX9905XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 16 11.56 19.34 0.00% 66.38
040040XX99080X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 副傷病なし 11 5.45 9.01 0.00% 53.18
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 9.21 - -

当科では難治性悪性腫瘍である膵臓がんや肺がんを中心に、化学(放射線)療法、緩和治療を行っています。化学療法の方針決定に不可欠な組織診断のため肺の悪性腫瘍に対する気管支鏡検査、膵臓がんに対する超音波内視鏡下穿刺吸引法検査を施行し、遺伝子検査も含め診断の確定を行っています。また、原疾患や化学療法に伴う合併症に対しても、外来での診断後、必要な症例については早期に入院加療を行うことにより症状の改善を図っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 70 27 42 92 48 72 1 8
大腸癌 34 18 44 36 10 25 1 8
乳癌 130 186 57 19 - 166 1 8
肺癌 213 81 131 154 72 278 1 8
肝癌 78 68 39 38 36 338 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌の病期ごとの患者数を延患者数で集計したものです。 初発の患者数としては、肺癌が最も多く、次いで乳癌となっています。再発患者数は、肝癌、肺癌、乳癌の順に多くなっています。 当院は「都道府県がん診療連携拠点病院」として、手術だけでなく抗がん剤治療、放射線治療など患者さんに応じた治療法を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 13.11 50.26
中等症 32 15.50 70.50
重症 11 22.91 81.91
超重症 11 23.82 76.91
不明 - - -

成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度が高いほど平均年齢が高くなり、平均在院日数が長くなる傾向があります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 55 15.96 71.00 52.73%

当院では急性脳梗塞に対して血栓溶解療法が適用になる場合、24時間365日対応が可能です。一次脳卒中センター認定施設であり、血管内治療専門医4名の体制で血栓回収術を積極的に行っています。新型コロナ感染症の環境下においても手術件数は増え続けている状況です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード


消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 106 2.39 8.63 2.83% 75.08
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの) 98 4.54 5.14 1.02% 73.95
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 61 6.64 8.00 3.28% 72.89
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 57 1.61 6.44 0.00% 70.72
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 53 8.11 15.32 0.00% 67.26

当科では、食道、胃及び十二指腸、小腸、大腸などの消化管の診断・治療、肝胆膵疾患の診断・治療など、複数の消化器臓器の診療を担当しています。そのなかで手術件数が多いのは肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波焼灼療法であり、また胆石症や胆管癌、膵癌による胆管狭窄・閉塞に対する内視鏡的胆道ステント留置術の件数も増えています。
早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術など、内視鏡を用いた低侵襲治療も数多く行っています。
また近年増加傾向の膵癌症例に対して、静脈内持続注入用のカテーテルを設置して薬物療法を行う症例も増加しています。

内分泌・代謝内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 13 7.08 2.92 0.00% 71.77
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) - - - - -
K394-21 鏡視下喉頭悪性腫瘍手術(切除) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) - - - - -

糖尿病患者さんの血糖悪化の原因として消化管をはじめ悪性腫瘍の検索を行い、可能であれば、消化器内科と連携して内視鏡的に切除しています。一方、甲状腺、副腎、下垂体をはじめとする内分泌臓器のホルモン産生腫瘍に対して、胃腸外科、脳神経外科、泌尿器科、核医学診療科等と連携して診療にあたっています。これらの手術後に当科に転科し、治癒判定やホルモン補充療法を担当しています。また、多くの全身麻酔の手術に際して、高血糖による手術中や術後の合併症を予防するため、術前に血糖値治療の入院をすることで安全な手術へ橋渡しをする役割があります。

リウマチ科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 15 7.80 12.53 0.00% 64.93
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -

<内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術について>
全身性自己免疫疾患に対して強力な免疫抑制療法を行う際には、感染症の併存や全身の悪性腫瘍合併の有無を明らかにし、治療導入前に対処しておく必要があります。当科では、そのような全身精査の結果、一定の確率で大腸に切除術が必要な腫瘍性病変を認め、免疫抑制療法導入前に適切な対処を行っています。
<リンパ節摘出術について>
全身性自己免疫疾患にはリンパ節病変を伴うことも多く、また一方で、一部の免疫疾患患者には悪性リンパ腫などの悪性腫瘍の合併もみられます。両者の治療方針が大きく異なるため、当科では正しい診断のもと適切な治療を行うことを目的に、外科系各科と連携しリンパ節摘出による正確な組織学的評価を積極的に行っています。
<内視鏡的消化管止血術について>
全身性もしくは臓器限局型の自己免疫疾患自体が消化管障害を引き起こすことは稀でなく、血管炎、全身性エリテマトーデス、強皮症などが代表的であり、潰瘍性病変を形成し出血をきたすことがあります。また、免疫疾患治療に使用するステロイド剤、非ステロイド性抗炎症剤(NSAID)などによる消化管粘膜病変、潰瘍も、適切な予防治療の上でも起こることがあります。当科では消化器内科と連携し、そのような消化管障害の可能性を常に念頭に置きながら、早期に発見・診断し、間断なく内視鏡的消化管止血術を施行しています。
<末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)について>
全身性自己免疫疾患や腎疾患により腎不全が進行した場合の腎代替療法として、血液透析を選択された場合には、継続的な透析施行のために内シャント造設術が必要となります。当科では、腎臓内科と相談・連携しながら腎代替療法についての十分な説明のもと血液透析を選択された患者様に、血管外科とも連携し適切なタイミングで内シャント設置術を行っています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 102 2.19 4.33 0.00% 65.17
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 74 4.57 5.97 1.35% 71.15
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 57 3.82 6.81 1.75% 58.67
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 41 12.22 11.32 14.63% 82.80
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 38 5.18 6.55 5.26% 72.97

狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患は、心筋を栄養する血管である冠動脈の狭窄、閉塞が原因で心筋虚血が引き起こされるため、狭窄、閉塞部位を解除する治療が必要となります。複雑な病変でなければ、カテーテルにより冠動脈の狭窄をバルーンにて拡張し、また石灰化等による複雑な病変には、高速回転式経皮経管アテレクトミーにて病変を切削し、十分な内腔を確保したのちステントを留置して狭窄を解除します。
心筋内の異常経路を伝わって起こる不整脈には、異常伝導部位をカテーテルにて解析し、心筋焼灼用カテーテルを用いて高周波で不整脈の原因となる伝導部位を焼灼して根治術を行っています。さらに不整脈の中で最も多い心房細動に対しては、カテーテルにて右心房と左心房の間の心房中隔を穿刺し、心房細動の原因である肺静脈と心房の間をカテーテルにて焼灼して根治術を行っています。
心臓弁膜症に関しては、高齢化社会に伴い超高齢者の大動脈弁狭窄症が年々増加傾向にあります。従来の外科的弁置換術では侵襲が大きすぎ適応となりにくい虚弱度の高い患者さんに対して、近年当院で施行可能となった経カテーテル大動脈弁置換術を行い、低侵襲に治療を行っています。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 19 1.37 1.53 0.00% 62.42
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 12 7.25 6.25 0.00% 68.17
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 10 13.40 19.60 20.00% 62.50
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施する場合) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -

本邦における2020年の透析への新規導入患者数は約4万人でした。末期腎不全の患者さんの維持血液透析の導入に際して、ブラッドアクセス(内シャント)の新規作成を当院の専門医に依頼して行っております。また、維持血液透析患者のブラッドアクセス不全(初発および再発)に対し、本院の専門医に経皮的シャント拡張術・血栓除去術を依頼して行っております。腎臓病や自己免疫疾患の患者さんに対して悪性腫瘍の検索を行い、大腸や胃などの消化管病変に対しては必要に応じ、消化器内科と連携して内視鏡的に切除しています。

血液内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 17 17.65 9.41 11.76% 70.65
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上) - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -

当科では、通常65歳以下の多発性骨髄腫の方、再発・難治性の悪性リンパ腫の方に対して自家末梢血幹細胞移植+大量抗がん剤治療を行っています。自家末梢血幹細胞は大量抗がん剤治療による造血不全を回避するためのものですが、あらかじめ採取しておく必要があります。また骨髄バンクに協力し、同種造血幹細胞移植に必要なドナーさんの造血幹細胞を全身麻酔下で骨髄より採取し提供しています。
多くの場合抗がん剤は末梢血管から点滴静脈注射されますが、使い続けると血管が傷んできてしまうことがあり血管の細い方や、少ない方の場合は埋め込み型カテーテルを設置して抗がん剤治療を行います。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 39 3.59 18.95 0.00% 73.95
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 10 7.70 21.70 0.00% 73.40
K013-22 全層植皮術(25平方cm以上100平方cm未満) - - - - -
K0131 分層植皮術(25平方cm未満) - - - - -
K0132 分層植皮術(25平方cm以上100平方cm未満) - - - - -

当科では悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌などの皮膚悪性腫瘍の切除および再建術を中心に行っています。腫瘍の大きさや部位などに応じて、植皮術・局所皮弁など適切な再建法を選択しています。また、悪性黒色腫や有棘細胞癌、乳房外パジェット病に対しては、必要に応じてセンチネルリンパ節生検も行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁のもの) 27 9.15 24.70 11.11% 70.07
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 20 8.65 20.20 5.00% 70.05
K560-21 オープン型ステントグラフト内挿術(弓部大動脈) 20 3.45 32.50 30.00% 66.35
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 19 5.11 7.11 5.26% 79.26
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 18 6.17 23.00 5.56% 70.78

手術はより低侵襲に、高齢な患者さんでも安心して手術が受けられるように変化しています。当科では年間400症例を超える手術を行っています。主な手術の一つは冠動脈バイパス術です。当科ではほとんどの症例で人工心肺を用いず心臓を動かしたまま手術を行うオフポンプ冠動脈バイパス術を施行しています。並んで多いのは弁膜症に対する弁置換術ですが、僧帽弁はもとより大動脈弁に対しても、人工弁を用いない弁形成術を積極的に行っています。また大動脈瘤や大動脈解離に対してはステントグラフト内挿術や弓部置換、胸腹部置換など大きな手術も行っています。低侵襲手術は術後の回復が早く極めて有効な方法ですが、病気の根治性や長期成績を損なってはいけません。当科ではこの低侵襲と長期成績のバランスを的確に判断し外科治療を行っています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 78 4.78 11.73 1.28% 72.37
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 37 4.54 12.49 0.00% 71.27
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 32 4.72 9.31 0.00% 68.69
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)(内視鏡手術用支援機器を用いて行った場合) 18 5.44 17.72 0.00% 70.06
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -

当科では原発性肺癌や転移性肺腫瘍などの肺悪性腫瘍、縦隔悪性腫瘍、悪性胸膜中皮腫など胸部悪性腫瘍に対する手術が非常に多く、腫瘍の進行度や患者さんの耐術能を考慮し最適な術式選択を心がけています。当科に紹介となる患者さんは全身状態が良いとは言えない場合が多いため、手術は患者さんの術後の生活の質(QOL)を考慮し行います。比較的早期の悪性腫瘍に対してはロボット支援下手術や単孔手術(小さい創が一つだけの手術)などの胸腔鏡手術を積極的に行っています。また、非常に小さい肺悪性腫瘍の場合や患者さんの呼吸機能が悪い場合は、肺の切除範囲を少なくして、癌の根治性を保つ肺区域切除などの縮小手術も行っています。患者さんにはできるだけ早い社会復帰をしていただけるよう、術前後のリハビリテーションを積極的に行っていただいています。
当科では、肺癌や縦隔病変に対するロボット支援下手術、悪性胸膜中皮腫に対する肺温存術式である胸膜切除/肺剥皮術の施設基準を満たしており積極的に行っています。

胃腸外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 7.44 14.33 2.56% 68.03
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 22 5.86 12.32 0.00% 70.45
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 19 4.58 16.68 0.00% 66.05
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸、胸、腹部操作・手術用支援機器使用) 17 5.53 44.88 0.00% 66.82
K7322ロ 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴うもの)(その他のもの) 16 4.44 9.12 0.00% 60.31

結腸癌においては、基本的に低侵襲である鏡視下手術を行っております。また、高難度の直腸癌症例に対しても、腹腔鏡と経肛門的腹腔鏡を併用した鏡視下手術を行うことで、手術時間の短縮、神経温存、癌の根治性の担保を目指しております。低位直腸癌では縫合不全を回避するために、一時的人工肛門を回腸に併設する必要がありますが、多くの症例で人工肛門閉鎖術を行い、肛門温存を達成しています。人工肛門造設を併設した症例では、患者自身による人工肛門のケアを習得する必要があり、入院日数はやや長くなります。
胃癌においては、幽門側胃切除、噴門側胃切除、胃全摘のほぼ全ての術式を鏡視下、ロボット支援下で行っております。開腹手術の比率は大きく減少し、これに伴って術後の入院日数が短縮傾向にあります。
食道癌においては、ほぼ全てをロボット手術で行っておりますが、低侵襲手術とはいえ、術後の嚥下リハビリに時間を要することがあり、入院日数は長めとなっています。

肝臓・胆のう・膵臓・移植外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 25 8.40 39.32 0.00% 70.20
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 10.65 9.35 0.00% 72.76
K695-21イ 腹腔鏡下肝切除術(部分切除)(単回の切除によるもの) 17 3.65 9.59 0.00% 68.18
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 3.94 6.38 0.00% 54.62
K702-21 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術(脾同時切除) 13 4.15 13.77 0.00% 63.46

当科では、膵癌に対しては術前化学療法を行ってから根治的手術を行うことで、治療成績のさらなる向上に努めています。肝腫瘍や膵腫瘍に対しては腹腔鏡手術を積極的に行っております。また、外科治療の適応のない患者さんや術後に再発を認めた患者さんに対しても、胆道ステント留置や、化学療法から緩和的治療に至るまで、幅広い診療を行っておリます。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 83 4.30 6.14 0.00% 57.11
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 42 4.83 13.07 2.38% 63.69
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 19 4.47 15.16 0.00% 57.58
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳輪温存乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 12 4.50 16.50 0.00% 47.17
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) - - - - -

乳腺悪性腫瘍手術として乳房部分切除、乳房切除術、および腋窩リンパ節郭清を主に実施しています。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 24 1.00 1.08 0.00% 2.46
K8351 陰嚢水腫手術(交通性陰嚢水腫手術) 15 1.00 1.00 0.00% 1.40
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 11 1.00 1.00 0.00% 5.36
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
K809-2 膀胱尿管逆流手術 - - - - -

鼠径ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫はクリニカルパスで運用しており、2泊3日(術前日の入院、翌日の退院)を基本としています。ただし、基礎疾患を有する患児や新生児・乳児はその限りではなく、状態に応じて術前後の入院が延長する場合があります。鼠径ヘルニア、陰嚢水腫に関しては術後は1.00日でした。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 109 3.29 16.50 10.09% 64.22
K0821 人工関節置換術(膝) 63 3.79 20.60 19.05% 74.59
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 42 5.52 66.74 28.57% 67.26
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 40 1.32 8.40 2.50% 24.85
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 31 4.65 19.94 12.90% 65.58

当科は関節、スポーツ障害、脊椎、骨軟部腫瘍、手・足の障害、外傷といった全てのスペシャリティ領域の専門家を揃えております。その中でも関節・スポーツ疾患・脊椎疾患は他施設からの紹介が多く、人工股・膝関節置換術や靱帯再建術、半月板縫合術、脊椎固定術などを積極的に行い、早期の機能回復に努めています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 98 2.98 5.43 0.00% 74.44
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 49 3.18 10.59 0.00% 68.41
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 39 4.18 5.08 0.00% 70.28
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 30 3.37 9.73 0.00% 67.43
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 4.45 9.77 0.00% 65.32

第1位の膀胱悪性腫瘍に対する経尿道的手術は、アミノレブリン酸による光線力学診断(PhotoDynamic Diagnosis:PDD)も含め多数行っております。手術枠削減もあいまって、実数は頭打ちであり、これ以上の増加は見込めません。第2位のロボット支援前立腺全摘術、第3位の経皮的放射線治療用金属マーカー留置術(主に限局性前立腺癌に対する高線量率前立腺組織内照射の際に行う手術)は新型コロナ蔓延の影響がありながらも件数は減少しました。昨年度は第5位であったロボット腎部分切除の件数も減少し、ランク外となりました。一方、件数が昨年度とほぼ変わらないと思われる腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術が第4位となりました。第5位にランクインした経尿道的尿管ステント留置術は、腫瘍性尿管狭窄による腎機能障害に対して緊急的に行われることが多い手術ですが、他科からの紹介が増加したことによると思われます。
その他、ランク外にはなりますが、ロボット腎部分切除術、ロボット膀胱全摘術、ロボット前立腺全摘術を合わせたロボット手術は年間100件以上行っております。その他、腎腫瘍に対する凍結療法、腎移植と、近隣の他施設では行えない手術を多岐にわたり行っております。
一方で、女性の生殖器脱出症の症例が多いのは当科の特色でありましたが、新型コロナ蔓延の影響で手術件数を削減せざるを得ない状況が続いており、手術をお待ちの患者さんが増加の一途であることが残念なところです。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 281 1.11 5.48 0.00% 63.42
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 236 3.06 1.65 0.00% 69.41
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 161 2.45 4.55 0.00% 67.48
K2683 緑内障手術(濾過手術) 128 1.23 11.54 0.00% 70.06
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 110 1.27 4.77 0.00% 67.01

COVID-19パンデミックの状況においても、当科では、必要とされる高難度手術を数多く行いました。高度な技術を要する網膜硝子体手術は最新の27ゲージシステムを導入しています。また水晶体再建術は難症例が多く占めており、眼内レンズの固定が困難な症例に対しては硝子体手術併用の眼内レンズ強膜内固定術を行っています。緑内障に対しては病状に応じて術式を選択し、流出路再建術は眼内アプローチによるスーチャートラベクロトミーを積極的に行っています。また、角膜移植も数多く手がけており、全層角膜移植、深部層状角膜移植、角膜内皮移植(DSAEK/DMEK)など、最先端の部分移植を取り入れて、成果をあげています。さらに眼瞼、涙器、眼窩の手術も行っています。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 40 2.05 3.75 0.00% 34.98
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 29 2.41 3.62 0.00% 37.93
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 21 2.67 6.33 0.00% 51.76
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 19 3.21 4.95 0.00% 51.89
K4611 甲状腺部分切除術(片葉のみの場合) 17 2.71 6.76 0.00% 55.12

慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術、頭頸部癌に対する頸部郭清術 、甲状腺腫瘍に対する手術の件数が多い傾向にあります。鼓室形成術の平均在院日数は4~6日程度、頸部郭清術は15日程度、甲状腺に対する手術は8~10日程度でした。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 31 3.10 4.71 0.00% 47.26
K867 子宮頸部(腟部)切除術 25 1.36 1.04 0.00% 42.60
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 25 9.04 6.52 0.00% 31.08
K879 子宮悪性腫瘍手術 22 3.50 16.00 0.00% 54.36
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 22 4.59 7.68 0.00% 52.23

多くの婦人科腫瘍手術を実施しています。開腹手術のみならず腹腔鏡下手術も多数実施しており、ロボット支援下手術も実施しています。ハイリスク妊婦も受け入れており、24時間対応可能です。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 87 5.47 23.06 18.39% 55.32
K1781 脳血管内手術(1箇所) 46 2.89 11.41 15.22% 65.74
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 26 4.69 17.46 26.92% 64.65
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの) 21 4.57 9.38 0.00% 64.90
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 17 3.41 9.82 0.00% 51.53

最も手術数が多い頭蓋内腫瘍摘出術は、県内、北陸圏内において屈指の手術数を維持しています。とくに覚醒下脳手術の目的のため全国からの紹介があります。内視鏡を用いた経鼻的下垂体腫瘍摘出術も特殊な技術を要する治療で多くの患者が紹介されております。また当科は血管内治療専門医が4人常勤している体制で治療を行っており、急性期脳血管障害に対する血管内手術件数が増えています。同時に開頭手術であるクリッピング術や各種バイパス術も行い、開頭と血管内の両方を行う施設であります。新型コロナ感染症の環境下においても手術件数は増え続けている状況です。

腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 11.47 9.88 5.88% 68.82
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -

当科では難治性悪性腫瘍である膵臓がんや肺がんを中心に、化学(放射線)療法、緩和治療を行っています。手術として、腫瘍による胆道閉塞及び消化管狭窄に対するステント留置術や食事摂取不良改善や点滴ルート確保を目的とした皮下埋め込み式カテーテルの造設を行っています。当科では、患者さんの生活の質(QOL)の維持を目標とした全人的医療の実践を心がけています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.09%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 56 0.41%
異なる - -

敗血症は肺炎や腎盂腎炎など身体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状をひきおこします。背景に悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病といった基礎疾患がある場合が多いとされており、当院でもそのような患者さんが入院しています。ここでの手術・処置等の合併症とは、透析患者さんのシャント閉塞の治療目的や、術創部の感染、人工股関節・眼内レンズ等の脱臼を示します。

更新履歴


 2022/09/22 初版
Page Top
© Kanazawa University Hospital. All Rights Reserved.