金沢大学附属病院
Kanazawa University Hospital

高密度無菌治療部

  1. ホーム
  2. ご来院の方へ
  3. 診療科・中央診療部門等のご案内
  4. 各中央診療施設
  5. 高密度無菌治療部

案内

内容

高密度無菌治療部は、これまで年間20数例の造血幹細胞移植後の無菌室治療を担当することにより、各診療科のがん治療に貢献してきました。また、脳外科、第三内科と協力して脳腫瘍患者や悪性リンパ腫患者、白血病患者に対して樹状細胞療法を行い、一部の例に効果を認めています。さらに、泌尿器科との協力により腎細胞癌患者に緩和的前処置造血幹細胞移植を施行してきました。これらの治療はさまざまな診療科のがん治療に応用できるため、今後も診療範囲が拡大するものと考えられます。
今後、従来行ってきた無菌室治療に加えて、患者由来のリンパ球や樹状細胞を用いた細胞療法、臍帯血移植、免疫学的な抗腫瘍効果を期待した緩和的前処置造血幹細胞移植、がん治療に伴う血液凝固異常の治療などを推進していく予定です。

特徴・特色

先端医療の開発

Page Top
© Kanazawa University Hospital. All Rights Reserved.