金沢大学附属病院
Kanazawa University Hospital

病理診断科・病理部

  1. ホーム
  2. ご来院の方へ
  3. 診療科・中央診療部門等のご案内
  4. 各中央診療施設
  5. 病理診断科・病理部

案内

内容

病理組織診断(生検、手術)

年間約9,000件の検体を肉眼、顕微鏡で観察し、診断しています。病理診断システムにマクロ及びミクロ画像、バーチャルスライドなどを添付し、電子カルテに送信しています。1961年より、病理部で作製したすべてのパラフィン包埋ブロックを保管しており、診断情報は1998年以降の症例は病理診断システムで、それ以前はカードで検索可能であり、長い病歴の疾患にも十分な対応が可能です。

細胞診断

年間約7,000件の検体の標本作製、診断を行っています。検体は尿、喀痰、擦過材料(子宮、気管支)、穿刺液(胸水、腹水、脳脊髄液、嚢腫内容、関節貯留液)、穿刺吸引(膵、消化管、甲状腺)などです。診断確定には組織診断を要することも少なくありませんが、組織に比べ、材料を採取しやすく、悪性細胞の発見などにより、がんの診断に有用な情報が得られます。

術中迅速診断

手術中に、臓器の一部が提出され、凍結ブロックからのHE切片を病理医が観察し、10~20分程度で病理診断が手術室に報告されます。年間約700件の組織診断に加え、腹腔洗浄液などの細胞診も行っています。病変の良悪の判定や、拡がりの評価などにより、術中治療方針の選択に重要な役割を果たしています。

特殊検査

450種類をこえる抗体を利用した免疫組織学的検討、in situ hybridization法によるEBウイルス感染関連疾患の検索、FISH/DISH法でのHER2, MDM2などの遺伝子増幅の検討を行っています。HEでの形態観察に、蛋白発現から得られる細胞の表現型や遺伝子情報を加えることで、より精度の高い病理診断となります。

病理解剖

ご遺族の了承のもと、患者さんの死因究明などのために、医学系分子細胞病理学教室、人体病理学教室と連携協力し、病理解剖が行われます。

ホームぺージ

Page Top
© Kanazawa University Hospital. All Rights Reserved.