本文へジャンプ

緩和ケアセンター

案内

緩和ケアセンター
緩和ケアセンター長
山田 圭輔

当センターは、外来や病棟、がん相談支援センター等、他部署・他部門と連携を図り、がん患者に適切な緩和ケアを切れ目なく提供し、外来、入院、地域社会で生活することを支援します。緩和ケアチームでは、がん患者の身体的及び精神的苦痛を緩和する専門的な活動を継続しています。外来では、専門看護師・認定看護師によるがん療養相談(がん看護外来)を行います。また、がん患者や家族のスピリチュアルペイン(心の苦痛)を軽減する目的で、がん哲学外来の活動を行います。がん哲学外来は、病気ではなく人間を看るところです。がん哲学とは、生と死を共に想い、病気を抱えた苦境を生きることを支援する考えです。がん哲学に基づく医薬看護介護福祉連携も推進していきます。

内容

緩和ケアセンターは以下の業務を担当します。
1)緩和ケアチームによる苦痛への専門的な対応
2)専門看護師、認定看護師による外来看護の支援(がん看護外来「がん療養相談」)
3)緩和ケアの相談支援
4)緩和ケアが継続される地域連携の整備
5)苦痛スクリーニングの実施
6)緊急緩和ケア病床の支援
7)がん哲学による患者および家族の支援と医療者連携の推進

ホームぺージ

ページの先頭へもどる