本文へジャンプ

循環器内科

診療科案内

心臓血管外科
診療科長
高村 雅之

循環器内科の主な対象疾患は、狭心症・心筋梗塞などの冠動脈疾患、心不全、心筋症、不整脈、高血圧、高脂血症や背景となるメタボリック症候群などです。診療科の特徴として、超音波検査などの画像診断や核医学的検査などによる機能解析、冠動脈疾患に対する冠動脈形成術、心房細動などの不整脈に対するカテーテルアブレーション、植込み型除細動器(ICD)、慢性心不全に対するペースメーカー治療などの非薬物療法、循環器疾患の遺伝子診断などが挙げられます。心臓血管外科とともに経カテーテル的大動脈弁留置術も行っています。
高解像度を誇る心血管造影装置は勿論のこと、不整脈治療においてはCARTO(ナビゲーション)システムの導入により治療成績も向上しており、経験豊富な複数の専門医による治療が行える体制を構築しています。 さらに、急な心血管疾患など緊急時の対応も万全で救急部と連動した「24時間の救急体制」をとっているのも大きな強みといえます。
こうした体制に加えて、外科的な治療が必要な場合に備えて循環器関連の診療科、とりわけ心臓血管外科、放射線科、核医学診療科と緊密な連携をとり、正確な診断と最先端技術を駆使した安全、安心な診療、治療に努めています。

外来担当者と専門分野

初診
再診
午前 高村雅之* 中西千明* 川尻剛照* 坂田憲治 村井久純
川尻剛照 馬渕 宏 下島正也* 藤野 陽* 薄井荘一郎
藤野 陽 濱岡卓人* 五天千明 加藤武史* 高村雅之
吉田昌平 野村章洋* 多田隼人 高島伸一郎* 加藤武史
林 研至 稲津明広   稲津明広 古荘浩司
村井久純* 高島伸一郎   多田隼人 川尻剛照*
吉田昌平 森 雅之     津田豊暢*
薄井荘一郎        
午後     下島正也
(腫瘍循環器外来)
薄井荘一郎
(【予約】成人先天性心疾患専門外来)
五天千明
    津田豊暢    

(平成31年4月現在)

*初診担当

診療科一覧へもどる

診療科の特徴・特色

 循環器内科では、冠動脈疾患、不整脈、心不全などを主に扱っています。人口の高齢化に伴い、循環器疾患は増加の一途ですが、これらの疾患に対し最先端の治療を行う一方で、遺伝子診断を駆使しハイリスクな患者さんの早期診断にも努めています。
 狭心症や急性心筋梗塞などの冠動脈疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)は、年間220例程度施行しています。また、ロータブレーターを用い、石灰化病変を掘削し病巣を取り除き血管内腔を確保した後にステントを留置するなど、個々の症例に応じた治療を行っています。ステント内再狭窄をきたした症例に対しては、近年使用が可能となった薬剤溶出性バルーンを用いるなど、常に最先端の治療法を導入しています。県内で数少ない大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁留置術(TAVI)が可能な施設で、地域の患者様、医療機関の先生方のニーズに応えるべく努めてまいります。
 心房細動や発作性上室性頻拍など、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションも積極的に行っており、年間100例に到達する勢いです。徐脈性不整脈に対しましては、従来からのペースメーカー埋め込みが行われており、新規埋め込みが年間30件です。難治性不整脈疾患に対しては、薬物療法に加え埋め込み型徐細動器を導入しており、新規症例は年間10~20件程度です。
 重症心不全の一部の症例に対して、心臓の収縮のタイミングを調整する心臓再同期療法も年間10件程度行っています。エキシマレーザーリード抜去システムなどを用いた北陸唯一のリード抜去可能な施設です。治療に対する反応性が良好な心不全症例には、劇的な効果を発揮します。またさらに重症な症例に対しては、心臓血管外科と共同で、心臓移植までのつなぎとして補助人工心臓の導入を目指しています。
 これらの疾患を正確に診断し正しい治療を行うため、病院検査部と共同で経胸壁心臓超音波検査を年間7,500件以上、経食道心臓超音波検査を年間200件以上行っています。3D心臓超音波装置で描出される立体画像は、手術前に病気を視る「外科医の目」であり、当院の心臓手術の高い成功率を陰で支えています。

診療科からのお知らせ

予約日を変更希望の方は、前もって電話でご連絡いただければ幸いです。

  076-265-2000(内線 2905)

診療科一覧へもどる

ページの先頭へもどる