本文へジャンプ

子どものこころの診療科

診療科案内

神経科精神科
診療科長
菊知 充

子どものこころの診療科は、幼児から18歳未満の小児自閉スペクトラム症や注意欠如・多動症に代表される発達障害、また強迫性障害や不安障害などの神経症の診療を行います。特に、近年増加している自閉スペクトラム症のお子さんに対しては、専門的な診断モジュールや症例評価尺度を用いて診療にあたります。抑うつなどの二次的な症例を緩和するだけでなく、教育委員会など公的機関とも連携し一人ひとりのお子さんに最適な就学環境を一緒に考えます。自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の病態は依然として詳細がわかっておらず、効果が確立された治療法も多くありません。我々は病態の解明と治療法の開発に向け、患者さんやご家族の協力のもと、臨床的研究も積極的に行っています。

外来担当者と専門分野

初診
再診
午前

紺谷恵子※
廣澤 徹※
午後 紺谷恵子   紺谷恵子   廣澤 徹

(令和元年6月より)

※初診

診療科一覧へもどる

診療科の特徴・特色

  • 自閉スペクトラム症や注意欠如・多動症などの発達障害の子ども達の診断をしています。
  • 自閉スペクトラム症の原因解明のために基礎研究に協力しています。
  • 療育のための支援機関を紹介しています。
  • 児童精神科一般では必要な心理検査を適宜行い、子どもの状態に合わせて精神療法及び薬物療法について検討します。
  • 地域医療や教育機関と連携して子どもに必要な環境の調整に努めます。

診療科からのお知らせ

  • 令和元年6月1日からの診療内容・予約方法
    ◆対象となる患者様
      年齢:初診時18歳未満
      症状と担当医:
     ①(廣澤)自閉スペクトラム症、注意欠陥・多動性障害(AD/HD)、学習障害などの
     「発達障害」が疑われるもの
     ②(紺谷)児童精神一般(統合失調症、うつ病、不安障害、強迫性障害、摂食障害、
     不登校など)
      ※18歳以上の場合、上記以外の病気が疑われる場合、あるいは上記に該当しても緊急の
       対応が必要な場合は、当院神経科精神科などを受診してください。
    ◆予約方法
      他の医療機関での紹介状(診療情報提供書)、または、相談施設、保育園、学校など
      からの紹介状を準備のうえ、予約センター(076-265-2933)で予約をしてください。

診療科一覧へもどる

ページの先頭へもどる