金沢大学附属病院
Kanazawa University Hospital

遺伝診療外来

  1. ホーム
  2. ご来院の方へ
  3. 遺伝診療外来
遺伝診療外来  
NIPT(母体血を用いた無侵襲的出生前遺伝学的検査)  
遺伝性乳がん卵巣がん症候群診療  

1-1.概要

「遺伝診療外来」では、遺伝に関わる悩みや不安、疑問などを持たれている方々、ご家族やご本人が遺伝病の可能性がある方のご相談を専門にお受けしています。この外来では、遺伝の専門医、看護師がチームとなって、十分な時間をとり、遺伝に関する情報を提供し、一緒に考えていきます。受診中の診療科があれば連携し、領域横断的な包括的診療を行うこともできます。
 なお、金沢大学附属病院は、未診断疾患の診断の手がかりとする「IRUD(未診断疾患イニシアチブ)」研究プロジェクトにおいて北陸地域の拠点病院になっております。

1-2.対象となる方

遺伝に関わるさまざまな心配や疑問のご相談(遺伝カウンセリング)に対応しています。

個人情報やプライバシーは厳重に管理されていますので、安心してご相談ください。

1-3.診療費

原則として自費診療(保険外診療)になります。
(自費診療となる外来の同一日に、当院の保険診療をお受けいただくことができません)

初診(第一回目)9,000円、再診7,000円をお支払いいただきます。遺伝学的検査等の諸検査は、別途実費を申し受けます。
一部の検査や検査の前後に行う外来診療等、保険診療として対応できる場合もあります。詳細についてはお問い合わせください。

1-4.予約方法

金沢大学附属病院予約センターまでお電話(076-265-2933 直通)又は、予約センター窓口にお立ち寄りいただき、「遺伝診療外来を受診したい」旨お伝えください。
その際に、受診するご本人の連絡先と連絡のとりやすい時間帯をお知らせください。折り返し、遺伝診療部のスタッフが初回外来受診日の日時を決定するため、連絡先にお電話いたします。

※ ファックスおよびメールでは外来のご予約はお取りできません。

1-5.遺伝診療・診断委員会

金沢大学附属病院は、北陸におけるIRUD高度協力病院として、遺伝診療外来ならびに遺伝診療全体の内容などを審議する「遺伝診療・診断委員会」を設置しています。

金沢大学附属病院IRUD診断委員会事務局

メールアドレス:irud-a@med.kanazawa-u.ac.jp

IRUDの詳細については、IRUD(未診断疾患イニシアチブ)をご覧ください。

2.NIPT(母体血を用いた無侵襲的出生前遺伝学的検査)について

2020年4月、金沢大学附属病院は「日本医学会が認定するNIPT実施施設」に認定されました。

NIPTについては、NIPTコンソーシアムwebサイトをご覧ください。

NIPTを希望される妊婦さんへ

上記の資料をご確認いただいた上で、NIPTを希望される妊婦さんは金沢大学附属病院予約センターへご連絡いただき、「遺伝診療外来」のご予約をお取りください。

外来日程が決まりましたら、印刷した「診療情報提供書-NIPT専用-」を産科担当医に記入していただき、ご持参ください。

NIPTを希望される妊婦さんの産科ご担当医の皆様へ

NIPTの対象に該当するかご判断いただき、「診療情報提供書-NIPT専用-」を記入ください。
事前のFAX等は不要です。妊婦さんにお渡しください。

3.遺伝性乳がん卵巣がん症候群診療における施設認定について

2020年4月、金沢大学附属病院は、「遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設」に認定されました。

Page Top
© Kanazawa University Hospital. All Rights Reserved.