本文へジャンプ

二宮先生ご挨拶

 現在専門医制度の改革が行われており、近い将来新専門医制度が施行されます。これまで専門医の認定は各学会の独自の制度設計のもと行われてきましたが、専門医に対する一般的理解も不十分である上に、専門医取得に伴うインセンテイブも認められてきませんでした。専門医制度改革は、専門医が公の資格として国民に広く認知・評価され、専門医の質を担保できるような制度を目指しています。平成26年5月日本専門医機構が発足し、今後19の基本領域の専門医とそれに基づいたサブスペシャリテイー専門医を認定していくことになりました。具体的には、専門医を目指す初期研修修了後の医師は、これまでの後期研修にかわり専攻医として専門研修プログラムを行い、専門研修カリキュラムを通して指定された疾患の必要症例数を経験し、実臨床を通して専門的知識を身に着けるとともに、最終的には専門医認定試験に合格することを求められます。現在日本専門医機構は、近い将来新専門医制度を開始するべくプログラムを検討しています。当初は平成29年度から新制度施行が予定されていましたが、延期されることになりそうです。新制度への移行時期に関しては領域ごとに見解が異なり、まだまだ不透明な部分が多いのが現状です。新制度が施行される場合は、初期研修医2年目にどの領域の専門医プログラムを行うか専攻医登録し、卒後3年目から専門研修カリキュラムをスタートさせなくてはなりません。金沢大学附属病院では、新専門医制度に対応できるよう研修医・専門医総合教育センターを立ち上げました。金沢大学附属病院では基本19領域のうち17領域について専門研修カリキュラムが行えるように専門研修基幹施設として複数の連携施設群とともに専門研修施設群を形成した専門研修プログラムを提案しています。金沢大学附属病院の各診療科は関連施設との強い連携関係があり、関連施設での一般的な疾患の診療と大学での専門性の高い診療を通して多数の専門医を輩出してきた実績があります。北陸出身で他府県での初期研修を行ってきた研修医の先生も、将来的に北陸での勤務を考えている場合には、金沢大学の専門研修プログラムを選択すれば金沢大学及び北陸に多数ある関連施設での研修が行えるため、専門医取得と共に将来の勤務先を選択するステップになることでしょう。また金沢大学で初期臨床研修プログラムを行っていれば、よりスムーズに専門研修プログラムに移行することが可能です。新専門医制度はようやくこれから始まろうとしており、施行にあたっては今後様々な混乱の発生が危惧されています。金沢大学附属病院研修医・専門医総合教育センターでは、各診療科と協力して初期臨床研修医がスムーズに専門医研修へ移行できるようお手伝いをしていきたいと思っています。

2016年6月23日
金沢大学附属病院研修医・専門医総合教育センター
専門医研修部門長
二宮 致

ページの先頭へもどる