本文へジャンプ

ご挨拶

写真:センター長

 現在の卒後臨床研修システムも11年が経過し、次年度からは新専門医制度が施行されます。それに伴いまして金沢大学ではこれまでの卒後臨床研修センターを卒後臨床研修部門とした研修医・専門医総合教育センターを立ち上げました。もちろん、研修医の皆さんが主役であることに変わりはありません。今年度はさらに処遇も改善されることとなりました。ひきつづき研修医の皆さんとともにバージョンアップを図っていきます。

 さて、当院のプログラムのアピールポイントはなんといっても研修医による指導医指名、自身による手作り年間プログラムの実践、2W1Sや 研修医ワークショップなど、自主性が重んじられるように配慮されていることです。多様な研修医の将来やビジョン、地域医療のニーズに対応できる高度かつ充実した 研修プログラムを履修できるように配慮してあります。さらに、研修医と指導医の心の触れ合いを重視することを心がけています。これを支えているのが指導医、初期臨床研修部門のスタッフの熱意です。そして、多くの先輩方が皆さんの研修を温かく見守り支えてくれています。

 金沢大学附属病院で研修する魅力は、研修医が主体で、かつ指導医との触れ合いを重視したプログラムにより真に患者本位の医療の実践を学べること、プライマリ・ケアも含めた幅広い基本的臨床能力を取得することが可能であることです。もちろん、大学病院である本院の使命ともいうべき高度先進医療の開発とその実践を学べることも重要な視点です。人は人から学ぶことが多いと思います。医師も例外ではありません。日々、患者本位の医療に携わるとともに、次世代の医学・医療の進歩に貢献すべく没頭している本院、関連病院群の医師やスタッフと出会い、多くのことを学ばれることを期待しています。

 金沢大学附属病院の基本理念は、「最高の医療を提供するとともに、人間性ゆたかな優れた医療人の育成に努める」ことです。金沢大学附属病院初期臨床研修プログラムでは、本院の基本理念のもと、「医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の 果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁にかかわる負傷または疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付ける」ことを研修理念にうたっています。これらを実現すべく、本院ならびに金沢大学の充実した特色ある関連病院群は一致協力して皆さんを支えていきたいと思っています。

2016年4月1日
金沢大学附属病院研修医・専門総合教育センター
初期臨床研修部門長
吉崎 智一

ページの先頭へもどる