看護師募集要項など、最新情報をメールでお届けします

看護部の取り組み

様々な職種と協働し、チーム医療を行っています。

看護の専門性を活かした活動を行っています。

看護実践能力を高め、看護の質の探求への取り組みを行っています。

専門看護師・認定看護師の活動

1.専門看護師

 

急性・重症患者看護専門看護師  乾 早苗

 

○専門領域での活動○

救急部勤務

AHA(American Heart Associatoin)救急蘇生法コースファカルティ

院内外の研修講師

日本専門看護師協議会委員

 

 

 

がん看護専門看護師  佐伯 千尋

 

○専門領域での活動○

緩和ケアセンター勤務

がん相談支援

院内外の研修講師

 

 

 

2.認定看護師

 

 

がん性疼痛看護認定看護師  丸谷 晃子

 

○専門領域での活動○

緩和ケアセンター(ペインチーム)

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

乳がん看護認定看護師  越田 美晴

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

がん化学療法看護認定看護師  長野 麻咲美

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

がん放射線療法看護認定看護師  定塚 佳子

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

新生児集中ケア認定看護師  谷内 薫

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

集中ケア看護認定看護師 瀬戸 乃扶子

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

皮膚・排泄ケア認定看護師  山田 清美

 

○専門領域での活動○

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

皮膚・排泄ケア認定看護師  越田 貴美子

 

○専門領域での活動○

ストマ外来

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師 染澤 直美

 

○専門領域での活動○

NSTチーム

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

糖尿病看護認定看護師  長田 春香

 

○専門領域での活動○

療養相談外来

院内外における専門分野の教育活動

 

 

 

 

 

 

 

3.認定看護管理者

 

 

鈴見 由紀

 

看護部管理室で副看護部長として活動

 

 

 

 

 

中西 悦子

 

看護部管理室で副看護部長として活動

 

 

 

 

 

 

4.平成27年度新たに誕生した認定看護師の紹介

 

手術看護認定看護師  山本 愛依

 

手術は誰もが経験するものではなく、非日常的な出来事です。私は、患者さんが主体的に選び決心した手術を安全に・安心して受けていただくことができるように支援し、看護を提供することを第一に考えています。また、看護師独自の視点で患者さんの身体面・精神面のアセスメントを繰り返し行い、手術が患者さんに与える影響を最小限にして順調な回復につながるよう、知識・技術・理論に裏付けされた周術期看護の実践を目指して取り組んで行きます。

 

 

がん化学療法認定看護師  海野 泰好

 

近年、がん化学療法は分子標的治療薬や内服抗がん剤など新規薬剤が登場し、あらゆる副作用が出現するため、戸惑いながら治療をされる患者さんも多いです。また、治療の場が入院から外来へと移行しており、患者さんやご家族が安心して治療を受けることができるよう副作用マネジメントとセルフケア支援を重点に実践しています。さらに治療中の不安や悩みなどに対して情報やケアを提供し、患者さんが治療を受けながらその人らしい生活が送れることを目指しています。

 

 

集中ケア認定看護師  田畑 亜希子

 

ICUに入室される患者さんの多くは、身体的にも精神的にも過大な侵襲を受けており、患者さんの全エネルギーはその侵襲に立ち向かうために使われています。そのような状態の患者さんでは、良かれと思い行ったケアが逆効果になることさえあるため、私たちは常に細心の注意を払い、根拠あるケアを提供できるよう心掛けています。治療が優先される中でも、患者さんのその人らしい生活を取り戻すために何が必要なのかという視点を大切にしながら、早期回復に向けてのお手伝いをしていきたいと思っています。

 

 

 

外来における相談対応

療養相談室

糖尿病患者さんの療養相談を行っています。患者さんの一人一人の生活や思いを大切にしながら、様々な職種と連携し、糖尿病とともに過ごす日々のお手伝いをさせていただいています。足病変予防のフットケアや糖尿病以外にも血糖値のコントロールや療養生活が必要な患者さんの相談も行っています。疾患とともに療養生活を送る患者さんの支えになっていきたいと思います。